« 外木場義郎氏が自由契約"選手"公示される?! | トップページ | 楽天 »

今シーズンを振り返って(2) ~ ホークスの今シーズン(野手編)

 打撃面では、松中三冠王、城島の五輪活躍などに沸いたシーズンだった。印象としては一度ハマってしまえば大量得点など簡単に取ってしまう破壊力抜群の打線ではあるが、一方でチャンスに弱く、残塁が多いという印象が残る打線だった。特にノーアウト満塁ではことごとく残塁3を計上していったイメージ。データ的にはおそらく、ハマってしまったときに点を稼いでいったためあまりそういう傾向は出ないかもしれない。しかし見ているものにとっては満塁はもはや味方のピンチではないかとさえ思えた。若手の台頭では、シーズン序盤の井手、明石が出てきたのが楽しみ。井手は怪我さえしなければ今後もやれそうだし、明石も守備面は未知数だが初打席初3塁打を大阪ドームで実際に見たが、あっという間に3塁に立っていたという感じで、あの足は魅力。吉本は1軍スタートは切れたものの相変わらず期待はずれ。まぁ去年に比べればいくらかマシにはなったけど。
 守備面では外野とサードのポジション争い。外野は柴原、バルデスは固定であと1つが競争と思われたが柴原の故障・不調などもあって2つのポジションを、出口、井手、辻、宮地らが争った。辻に関してはまだまだ力不足、井手の故障で結局出口、宮地、柴原など中堅、ベテランで埋められた。イキのいい若手がポジションを奪い取る元気が欲しい。
 サードは昨年川﨑が守ったが、今年はショートに固定されたため鳥越が回ってきたが、前半は腰痛もあって本間、稲嶺、吉本らで争った。守備に関してはやはり鳥越が安定しているが、打撃面ではシーズン中盤から本間がいい味を出し始めた。大道にもらったというバットを短く持って流し打ちをしていた。稲嶺に関しては打撃はまだまだ。守備でときどき大きなポカをやらかす場面が目立ち、雁の巣へ逆戻りとなってしまった。たった一度のミスだったのでかわいそうといえばかわいそう。まぁこれもプロの厳しさなんだろうなぁ・・・。
 捕手に関してはオリンピック期間中の城島の穴をどう埋めるかが当初から課題であった。人気者の男・田口とこれまたひょうきん者の的場を使ってきた。田口に関してはハム時代からパンチ力のある打撃力をもっており期待していたのだが、昨シーズン、城島の控えとして雁の巣にも行かないままずっとブルペンやベンチを守ってきたためブランクが長く、試合勘が掴めないせいか、期待はずれの結果に終わった。リード面に関しても同様に、やはり捕手は試合に出てナンボの世界ということか。

 さて、来季であるが、ドラフトもトレードも終わってない今、全くもって不透明。だが、どうやら井口とズレータは放出となりそうだ。既に戦力外通告をしたバルデスを含め、打線の主軸が次々と抜けていく異常事態だ。ズレータに関しては年俸の条件面で折り合いがつかなかったらしいし、井口に関しては「裏契約」疑惑など旧高塚体制のもとで怪しげな取引をしたり、メジャー挑戦を容認する発言を繰り返しながら慰留しつづけるなど、不透明な対応をしてきたツケが高塚体制の崩壊とともに一気に噴出してきている感じがする。いずれ高塚のことに関してはどこかでまとめて書かなくてはならないと思っているが、以前より選手やファンから疎まれてきた存在であり、一部の高塚信者を除けば、ほっとしているのが実態だろう。このような男を野放しにしてきたダイエー本社の責任も重いといわざるを得ない。

 それにしても、冒頭にも書いたようにツボにはまったときの爆発力はすさまじい。だが、応援している身にしてみると、・・・だんだん贅沢になってきてしまったのだろうか・・・、いくら点をとっても「コイツらならやるよな」というどこか冷めた自分がいて、体の底から喜びが湧き上がってこないのだ。万年Bクラスだった時代に応援していた自分が今の自分を見ていたらきっとイヤミで鼻持ちならないなファンに違いない。だが、強さと引換えに我々ファンは何かを置き忘れてきてしまったような気がしてならない。


さて、今日はいよいよ新規参入球団が決まる・・・・

|

« 外木場義郎氏が自由契約"選手"公示される?! | トップページ | 楽天 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61790/1844436

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンを振り返って(2) ~ ホークスの今シーズン(野手編):

« 外木場義郎氏が自由契約"選手"公示される?! | トップページ | 楽天 »