« ホークス、城島のメジャーキャンプ参加を見送りへ | トップページ | 球場名と球界改革と »

井口やらFA人的補償やらいろいろ

ネタ枯れのオフシーズン、それでも井口のホワイトソックス入団が決まったとか、大村をFA獲得したことによる檻牛への人的補償は、プロテクトはどうなるのとかまぁそれなりに話題はあるわけですが、どれも、個別に書くほどネタがあるかというとそうでもないので、まとめて書いちゃいます。

まず、丼こと井口。
ニュースソースとしてはデイリーニッカンサンスポ毎日読売朝日日刊九州
デイリーを読んでると、「出場機会」が決め手になったとか、「地元で井口待望論が起きた」とか、期待をもたせる記事が書いてあるわけですが、メジャーの事情には全く詳しくありませんが、そう甘いもんでもないだろうという気がしますね。松井稼頭央や田口壮の苦労振りをみても、日本人野手はメジャーでは苦労する、イチローやゴジラは別格という感じがしますしね。
どっちにしても頑張っては欲しいけど、もうどうでもいいというか、エロ高塚との密約を盾に出て行った人には惜別の念すらも沸かないのが実状だったりする・・・。まぁこれもホークスに残って欲しかったがゆえの感情なんでしょうけどね。

次に、人的補償。こちらはプロテクト選手のリストが非公表である以上、なんとも言えませんね。分かっていることは、プロテクト選手はほぼ去年の1軍選手であるという王監督の発言と、オリックス側は金銭補償を望む一部経営者がいるものの、現場サイドはやはり人的補償を希望しており、特に投手を希望していること(新聞記事と両チームの状況から)ぐらいですかね。そうすると、去年、一軍と二軍をさまよったボーダーラインの投手、昨年不調で一軍で投げなかった一軍クラスの投手、ということで吉田、水田、田之上、永井、松といったあたりの名前が出てくるわけですが、あるいは一軍経験のない投手数名を放出なのかもしれませんね(まぁこれだと向こうが納得しないかも)。
もし田之上がプロテクトされてないとすれば、彼が良かった頃はは対オリックスには強かったので、いいイメージが残っていることによって、彼を指名してくるかもしれません。
以前、"パラシュートボール"の土井がオリックスだけには通用していて、彼が自由契約になると、獲得した、なんてこともありましたしね。

さて、今日は、NPBと選手会によるプロ野球構造改革協議会が開催されているわけですが、多分目新しい話題はないだろうなぁ・・・・。

|

« ホークス、城島のメジャーキャンプ参加を見送りへ | トップページ | 球場名と球界改革と »

プロ野球」カテゴリの記事

ホークス」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61790/2691004

この記事へのトラックバック一覧です: 井口やらFA人的補償やらいろいろ:

« ホークス、城島のメジャーキャンプ参加を見送りへ | トップページ | 球場名と球界改革と »