« オリックスと近鉄が移籍補償金をめぐり銭ゲバ?! | トップページ | 新ユニフォームについて »

監督会議

王監督音頭取り「飛ばないボール」で前進(ニッカン)
王さん「飛ばないボール」導入に前向き(日刊スポーツ九州)
「飛ばないボール」使用を確認(デイリー)

飛ばないボールっていう表現、なんとかなりませんかねぇ。飛びすぎないボール、もしくは普通の飛び方をするボールの方が正しいと思うのですが。いっそのこと、「まともな飛び方をするボール」略して「まともなボール」でもいいですよw
で、会議の結論自体は当然の帰結といえると思います。まぁ煮え切らないNPBやリーグに対して、王さんの一声で決まってしまうあたりはさすが王さんというべきか、NPBしっかりしろというべきか・・・。
しかし、反発係数よりも、縫い目が高くなることによって空気抵抗の関係から変化球のキレがよくなりすぎるのではないか、とか指のかかりが良すぎて変化がつきやすくなるとか、マメが出来やすくなるとか、そっちの影響がどうなるのか興味ありますねぇ。

あと、パのストライクゾーンが狭すぎるという意見が出たとか。やっと取り上げてくれたか。これでコデライクはどうなるのか興味ありますな。まぁ彼の場合は可変性オーバーアクションストライクゾーンだから広いとか狭いとかの問題じゃないかw

|

« オリックスと近鉄が移籍補償金をめぐり銭ゲバ?! | トップページ | 新ユニフォームについて »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61790/2722817

この記事へのトラックバック一覧です: 監督会議:

» 飛ばないボールでプロ野球の真実がわかってくる [SEABLOGスポーツ]
 飛ばないボールの清原選手の感想は「詰まったり先っぽなら20から30メートルは違う」、小久保選手の感想は「詰まり気味の時は10メートルは間違いなく落ちる」とのこ... [続きを読む]

受信: 2005.02.04 09:15

« オリックスと近鉄が移籍補償金をめぐり銭ゲバ?! | トップページ | 新ユニフォームについて »