« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

「この負けは大きいよ」(野太い声)

勝ち試合を落としてしまいました。
両投手がすばらしい立ち上がりで片やノーノー、片やパーフェクトのピッチング。
5回に和田にホームランを浴びるも、その裏、鳥越、田口のタイムリーで逆転。このままいけばもしやゴエと漢のヒーローインタビューかと思ったのですが、9回に馬原が抑えることが出来ず、逆転負け。
馬原はフォークが落ちないのがつらかったですね。これでは田口もリードのしようがないですが、これでまた批判の矢面に立たされるのは仕方ないのかも知れません。

やはり、西武は超えられない壁なのでしょうか。プレーオフに彼らが出てくるようだとまた苦杯を舐めさせられるのでしょうか。勝ち試合だっただけにもはや技術とか気概とかそういうもの以外の何かを越えなければならないのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ノブヒコ~! マチャ~ン! かいちょ~!

うっはっは!勝ちましたよ!
松中の3発!痺れますね~!どれもすごい一撃でしたが、やはり最終回の一発は鳥肌が立ちました。
打たれても打たれても直球で勝負を挑んだ松坂もあっぱれでした。
試合自体も締まってたし、本塁クロスプレイもあったりして今日のチケットは安かったのではないでしょうか。
松中に尽きる試合ですけどカズミもよく踏ん張ったし吉武も1点でよくしのいだからこその結果ですね。

なんか松中がすごすぎてうまく書けないや、って思ってたら「鷹の戯れ言」というブログで名文を見つけました。言いたかったことはここにすべて表現してあるのでそちらに譲りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

明日から3連休 今日から対西武3連戦

あしたから3連休。山笠も終わっていよいよ夏本番です。
今日は追い山見に行って寝不足という人も多いでしょうが、今夜から西武戦です。
先週の猫屋敷では松坂、西口と両外人にいいようにやられてしまいました。
地元マスコミはなにやら打倒松坂ムード一色ですが、やはり松坂攻略は難しいでしょうから、とにかく先に点をやらないようにすることのほうが大事だと思います。そうしてるうちに1回ぐらいは糸口が見えてくるはず。前回は最終回に2死満塁まで行きましたが、反撃が遅すぎたし、それまでに点をとられすぎでした。
カズミもそのことは重々わかってるはずですから、あとは如何にガマンができるかにかかってるでしょうね。


さぁぬこども、かかってこんかい!Щ(゚Д゚)Щ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13日の東京ドームにも行ってきました

昨日も行ってきました、東京ドーム。
球場についたときはちょうど1回の表が終了した直後で、大村の先頭打者ホームランは見ることが出来ませんでした。直後、俺の宮地が後逸・・・。これがきっかけで逆転を許してしまいました。しかし、川﨑の2試合連続ホームランや、松中の打った瞬間にそれとわかるホームラン、ズレータのホームランと一発攻勢で終わってみれば快勝でした。ズレータの時は観戦仲間とハイタッチするのが忙しくてパナマ運河~~!をやるはずの場面を確認するのを忘れてしまいました。
一発攻勢ってことで現場で軽く酔っぱらいながら騒いでる分には楽しくてよかったですが、こうして振り返ってみると、こういう勝ち方ってあまり好きではないですね。そりゃまぁ負けるよりは全然いいんですけど。でもまぁ、今は山笠の真っ最中ってことで、お祭り野球で盛り上げとくのもいいか^^

さて、東京ドームのハムvsホークス戦はこれで今年はおしまい。
ファイティーが今年で引退とか、東京のハム戦は今年限りとかのうわさが立つ中、慣れきったこの空気はもう二度と味わえなくなるのかもしれないので、みんなで記念撮影をしたりしました。自分のカメラではなかったのでここにうpはできませんが、そのうち撮影者のHPに掲載されるかも・・・・。
(ハム戦はダメでも、一昨年みたいにホークスやその他の球団主催で試合してくれるといいんだけどなぁ)

P.S. 一応、噂の真偽を確かめるべく「東京ドーム ファイターズ 今年限り」でググってみました。その中に「ファイティーファンクラブ」というブログがあって、今年の4/6時点でのの記事では、ファイティーが今年限りなのは事実のようですが、東京での試合を無くすことはないというのが公式見解となっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

双子兄が双子弟から本塁打/高校野球 - nikkansports.com > アマチュア野球ニュース

リンク: 双子兄が双子弟から本塁打/高校野球 - nikkansports.com > アマチュア野球ニュース.

双子兄が双子弟から本塁打/高校野球 <高校野球東東京大会:世田谷学園8-6安田学園>◇12日◇2回戦  双子対決が本当に実現してしまった。安田学園の兄古松信彬(のぶあき)外野手と世田谷学園の弟義彬(よしあき)投手(ともに3年)が初戦で激突。7回裏、弟の義彬が3番手で登板すると1死後、兄信彬と対決した。  練習試合でもなかった対戦。兄弟対決を知る神宮のスタンドが沸いた。「昨夜は眠れなかった。あー、いやだ」と言いながらネット裏の最前列に陣取った両親がハラハラドキドキで見守る中、弟が兄に全球直球の真っ向勝負を挑んだ。


双子、高校野球といえばあだち充の「タッチ」を思い出しますねぇ。でも同チームだったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12日の東京ドームに行ってきました。

昨日のハム戦(東京D)に行ってきました。
以前は最もメインに観戦していた久々の東京Dでのハム戦ということで、かなり前から楽しみにしてた2連戦です。仕事を定時で切り上げ、通いなれた25番ゲートへ足早に急ぐ。東京ドームへは先月も交流戦で来たけれど、ハム戦独特の和んだ空気が好きだ。
球場に入り、いつもの51番通路からいつもの席へ急ぐといつものメンツが笑顔で迎える。するとそこには今季まだ顔を見せてなかった絵の上手いあの人がイタ━━━(゚ε゚)━━━!!!!! いやー、オープン戦のハム戦にも交流戦の讀賣戦にも姿を見せなかったし、HPの更新も掲示板の書き込みも止まっているので一時は随分心配したのだが、どうやら相当仕事が忙しかったらしい。それにしても「いつもの席(マスプロとフコク生命のフェンス広告の間あたり)」からの眺めはやっぱり落ち着くな~。
のどが渇いていたのでビールがうまい。つまみなしで4杯も飲んでしまった・・・。(モルツ、モルツ、ヱビス、モルツ)

それにしても試合は、トニーの「なんじゃそりゃホームラン」、川﨑のびっくり満塁弾、大村や本間の美技、まさかの同点劇、俺金の決勝打と、まぁいろんなもんが見れました。

延長まで行ってしまったので試合は10時を過ぎてしまい、そのあとの居酒屋あぶさんには1時間半ぐらいしか居れませんでした。帰ったら1時を過ぎてたのでそのまま寝て、4時半に起きて風呂に入ったので今もまだ眠い・・・。朝、ニュース見てたら、オーナー来てたのか。相変わらずオーナーが来ると勝率いいな。

さあ、今日も出撃してまいりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武戦を観戦してきました

15連勝中のホークスですが、昨日は苦手の西武戦、しかも最も苦手な松坂が先発でこちらはこちらで和田が先発という注目のカード。ナイターですが土曜日ということもあって内外野の自由席はほぼ満員でした。

両投手とも上々の立ち上がりで投手戦の様相でしたが、4回に和田がつかまりはじめ、満塁のピンチを迎えましたがなんとかしのぎました。一方ホークスは宮地だけが一人気を吐く状態で、松坂にいいようにやられっぱなし。1点勝負が十分予想される中で宮地が先頭で出塁。あちこちでしっかり送れ~という声が出る中、本間に強攻させて失敗。あそこはどう見ても送りバントだと思うんだけどなぁ・・・。
4回のピンチはなんとかしのいだものの、5回にカブレラに2ランを浴びてしまい、松坂の出来からいってかなり厳しい状態に。コントロールも怪しくなってきたし、今日は代えたほうがいいかなぁと思ってたものの続投。6回もフラフラしてましたが何とかしのいで、7回。やはり耐え切れず2点を追加され、ほぼ勝負が決まりました。それでも9回にようやく満塁のチャンスを迎えたものの、満塁で点が入らないのがホークス打線のデフォ。ズレータ三振で試合終了。やはり連勝を止めたのは西武であり松坂でした。

本日の食事。ハラミ串、豚バラ串、和風きのこスパゲティ。いつのまにかカルビ串がメニューから消えてました。和幸のとんかつを食べようと思ったのですが、行列が長すぎて試合が見れなさそうだったのであきらめました。
ビールはスーパードライ、モルツ(小)、ヱビスの計3杯。試合前と試合序盤に飛ばして飲みました。

試合が終わって外へ出るとかなり本格的な雨。風も強くなってきて不快な天気でした。家に着く頃には雨が強くなってきて大変でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

監督推薦&五輪種目除外

オールスターの監督推薦が発表されました。
ホークスの宮地とライオンズの石井という一度戦力外となって新天地で花を咲かせた男たちが選ばれたのがいいですね。本人たちも感慨深いことでしょう。
ゴールデンイーグルスからは礒部1人だけですか。福岡ダイエー初年度の山本和範状態ですね。あの時は平和台での開催ということもあって、バッティングに盗塁にと、一人気を吐くドラさんに拍手喝采でした。礒部にもがんばってほしいですね。


ところで、オリンピックの種目から野球とソフトボールがロンドン大会では除外されることになりました。以前から予想されていたこととはいえ、決まってみるとやはり残念ですね。
理由としては、普及度が低いこと、球場建設に費用がかかりすぎる上に大会後の利用法がないこと、メジャーリーグが参加に消極的であることなどが指摘されているようです。IOC委員の中には野球とソフトの違いが分からないと公言する委員もいたようです。
たしかに、野球はまだ国際化のとりくみを始めたばかりで、世界的に普及しているとはいえないですね。これからやるにしてもすでに普及している国のレベルが高すぎて勝負にならない。だから自分としてはオリンピックではむしろプロ化よりはサッカーのように年齢制限を設けてアマチュアで勝負すべきだと思ってたんですけどね。それでもレベル差はまだまだ大きいですけど・・・。
再びオリンピック種目になるには地道な普及活動をしていく以外にないですね。
でも国際化したらしたで、柔道みたいに似ても似つかない種目になっていったりして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オールスターファン投票結果発表 ・・・だけどねぇ。

オールスターゲームのファン投票の結果が発表された。
パ・リーグ     守備位置     セ・リーグ
松坂大輔 L     先発      黒田博樹 C
薮田安彦 M     中継      藤川球児 T
小林雅英 M     抑え       五十嵐亮太 S
城島健司 H     捕手      古田敦也 S
松中信彦 H     一塁      清原和博 G
西岡剛   M     二塁       藤本敦士 T
小笠原道大 F    三塁       今岡誠   T
川﨑宗則 H     遊撃      鳥谷敬   T
SHINJO F     外野       赤星憲広 T
礒部公一 E     外野       金本和憲 T
和田一浩 L     外野       前田智憲 C
J・ズレータH     DH

パ・リーグからはホークスが4名、マリーンズから3名が選出された。
いつも妥当性・バランスにおいて良識が反映されるパであるが、2強を形成する両チームの選手が多くなったのは致し方ないところか。それでもマリーンズから薮田が選出されたのは彼のここ2年の活躍を見れば妥当なところだし、他球団ながらなんだかうれしい。遊撃から川﨑が選ばれたのは投票期間当初の彼の不調ぶりからすると、ルックスで女性票を集めたと思われるところがあり、守備でいけば小坂でもよかったような気もするが、川﨑のバッティング技術も優れており、妥当性に欠けるとまではいえない。最近は調子も上げてきたし。
一方セ・リーグはタイガースからの選出が目立つ。毎年のことながら、セは我がチームさえよければという結果に終わることが多いが、今年もタイガースの好調さを差し引いてもあまりにも偏りすぎている。それにしても(いや、それだけにというべきか)タイガース勢が上位を占めた年でも、以前であれば読売勢が次点を占めていたものだが、今年はそれがなく、ここでも読売人気の低下傾向が現れている。

しかしながら、今年はオールスターはどうでもいいというのが正直な気持ちだ。交流戦でオールスター以上の面白いものを見せていただいたから。実際、ファン投票も去年までならネットもハガキも必死になって書きまくったが、今年はネット投票を1回だけしかしなかった(そもそも投票を何度もできるというのもおかしなものだが)。となると、オールスターの唯一の楽しみは応援ということになる。東西対抗でもそうだが、普段できない他球団の応援を楽しむのがお祭りの楽しみ方のひとつ。何らかの形で、お蔵入りしてしまった近鉄やブルーウェーブのチャンステーマが楽しめたらいいんだけど、やってくれるかなぁ・・・。
そして、「白いボールのファンタジー」の大合唱も聴けたらいいのだけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

トラックバックマナーについて(その2)

以前、ここでトラックバックマナーについて書いた(2005/03/07 「トラックバックマナーについて考えてみる」)。
特に疑問を感じたのは、「関連がある記事でもリンクを貼らなければ迷惑TBなのか」という点にあった。
もちろんリンクを貼るのが望ましいが、文脈上どうしても貼るのがふさわしくない場合もあり、自分としては、それは別にかまわないのではないかと思っていた。そうしたところ、Stella氏StarChartLogというブログに掲げてある、トラックバックポリシーを見つけた。そしてこれが私の考えに近いので、以後、私もこの考えに沿ってやっていってみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15連勝

15連勝しちゃいましたね、ホークス。
なんでもNPBで34年ぶり、ホークスでは40年ぶりだそうです。
すっげーことなんだけど、既に大勢が決した途中から見たせいかもしれないけど、試合自体は盛り上がりに欠けるつまんない試合でした。いや、やってる選手は素晴らしいんですけどね・・・。試合としての興味に欠ける試合だったので、見てる途中でいつのまにか寝てしまいました。試合終了の瞬間はたまたま目が覚めていたのですが、ヒーローインタビューもカズミの出来がさほどよくないにもかかわらず呼ばれてしまったこともあって、なんか盛り上がらないヒーローインタビューであるように感じました。

強いホークスであることは嬉しいんだけど、弱かった頃、必死になって応援してた頃が懐かしい気持ちもあったりして・・・。今は放っておいても勝っちゃいますもんね。(いや、弱かったときも放っておいても同じなんですけど^^;
今でも球場に行けば必死になって応援してますけど、正直昨日みたいに力の差を見せつけるような試合はあんまり見たくないなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13連勝はしたけれど

昨夜は会社の異動に伴って歓送迎会があったため、試合は見れないかと思ってたのですが、帰宅してテレビをつけたのが21時08分。ちょうど9回表の楽天の最後の攻撃が始まるところでした。このとき7-3でリード。
見れないと思ってた試合が最後のところだけ見れるかという感じでした。
画面では三瀬が投球練習をしている。ああ、セーブがつかない場面だし、三瀬の復調に向けた登板なわけね。などと思ってたら三瀬がフォアボール。あらら、まだ調子も一進一退だなぁ・・・。次のバッターストレートのフォアボール。オイオイ。次のバッターもストフォア。場内もざわめき始める。きわどいコースが全部ボールになって結局3者連続フォアボールで満塁。三瀬、1つもアウトを取れずに降板。5月までの神の様な店長様はどこへ行ってしまったのか・・・。
ピッチャー馬原に交代。いくら馬原でもこの場面は厳しい。ゲッツー崩れで1失点。7-4 1死1・3塁。沖原が全身守備の外野を真っ二つに抜くタイムリーで2失点7-6。こうなると勢いはとめられない。酒井が連続タイムリーを放ち、とうとう同点。このとき、7点差を追いつかれたことを知る・・・。

確かにここ数日楽天は粘り強い。その勢いそのままに鷹にも襲い掛かった格好ではあるが、それにしても店長・・・。多くの解説者が言うようにここはファームでリフレッシュした方がいいような気がする。
まぁ、トニーのサヨナラ打で勝ったんで、久々に遅く帰ってきた自分にも試合を楽しませてくれたと思うことにするか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

MJZM!!

今日の檻牛戦、ついに出ました!MJZ3連発!!
直後に3ランで追いつかれましたが、さらにその直後マチャーンの2打席連続弾!!
まだまだ完全復活とはいかないようですが、きっかけになってほしいですね~。

ゴリが首筋を痛めたようですが、あれは自分もよくやるんですよねぇ。あれやっちゃうと頭痛もしてくるし、視力も落ちるし結構つらいんですよね。ほっとくけばす~っと治るんですが。手当てするとすればとりあえず温めておくしかないですね。

それにしても12連勝。凄すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »