« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

「名物」(?)まで導入?

小坂が読売に金銭トレードされちゃいましたねぇ。
あの美しい守備はそれだけでご飯3杯はいけるものだっただけに、敵ながら来季マリンでその美技が見れないと思うと残念で仕方がありません。
しかし、不可解なトレードですね。なぜ金銭なのか。ロッテってそんな貧乏球団じゃないはず。おまけに読売には二死タン(仁志)や銭岡(二岡)がいるため、ポジションが空いていない。打撃成績を考えれば、小坂は少なくともスタメンは難しいのではないか。西岡、早坂が育ってきたとはいえ、そんなところになぜパの至宝を出さなきゃならないのか。

そう考えると、瀬戸山代表ですよ。彼はFDHの営業企画手法をマリンスタジアムにマッチする形で、(エイベックス風にいえば)インスパイアさせて、チーム成績がよかったこともあって興行成績をアップさせましたが、まさかFDH名物だった、「オフのゴタゴタ劇場」までインスパイアさせたんじゃないかっていう・・・。
エロ塚と対立してFDHを出て行った瀬戸山氏ですが、これじゃエロ塚とやってること変わらないじゃない・・・。まーさすがにセクハラまではやってないでしょうが(ってかあのニヤケ顔でやってるところを想像してしまうじゃないかw)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

高松に社会人チーム発足 総監督は元ダイエー広永氏

スポナビ

 高松市の自動車用コーティング剤メーカー「アークバリア」は21日、プロ野球選手を生み出すことを目的とした社会人野球チーム「アークバリアドリームクラブ」の発足を発表した。総監督は元ダイエーの広永益隆氏で、近く日本野球連盟に加盟する予定。  野球の独立リーグ、四国アイランドリーグ運営会社IBLJを解雇された選手など計15人が内定しているという。年内に契約を結び、来年2月から合同練習に入る。  3月以降に練習試合を行い、四国アイランドリーグのチームとの交流戦も検討している。

懐かしい名前を記事で見つけた。広永益隆。南海・ダイエー-ヤクルト-オリックス。またの名を「メモリアル男」。
決してレギュラー選手だったわけではない。というより1軍半の選手。しかしなぜか、節目の記録にはこの男が名を残す。
・「福岡ダイエーホークス」としての第1号本塁打
・プロ野球通算3万号本塁打
・パ・リーグ通算6万号本塁打
・平和台最終公式戦で野茂から本塁打
・伝説のロッテ18連敗目のきっかけを作る本塁打を"お肉"近藤から

個人的には由宇でのウエスタンでのホームランが記憶に残る。試合後「広永さんナイスホームラン!」と声をかけたら手を振って応えてくれた広永。

四国アイランドリーグ(人呼んで「ポ・リーグ」)で盛り上がる四国の地で、衰退傾向の社会人野球を盛り上げてくれることを期待!
そしてノンプロの世界で総監督としてどんな「メモリアル」を披露してくれるのか、今から楽しみだ。

※なお、新チームの顔ぶれについては、(まめ)たぬきの雑記に掲載されている、「ほぼ週刊・四国アイランドリーグ新聞(12/22号)」に詳しいのでそちらを参照されたい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

好きな球団歌・応援歌

にわか日本ハムファンのブログさんのところで、面白い企画をやっているので乗ってみたいと思います。

企画は「好きな球団歌・応援歌ベスト3を考えてみよう」。
選手応援歌やチャンステーマは対象外ですが、「俺たちの誇り」とか「レッドdeハッスル」はOKだそうですw

それではまいりましょう!

(1)応援している球団名:最大4つまで(ここに記入された球団関連は以下投票不可)
   福岡ソフトバンクホークス

(2)第1位:曲名:その理由
   炎えろ近鉄バファローズ
   曲調といい、歌詞といい、その末路といい、泣けてくる・・・。

   第2位:曲名:その理由
   白いボールのファンタジー
   球団歌じゃないから無効かなぁ・・・ でもやっぱりまずパ・リーグありきだもの。

   第3位:曲名:その理由
   地平を駆ける獅子を見た
   もうそりゃシゲル・マツザキだもの。西友でエンドレスで流れてた日にゃ・・・。
   「ミラクル顔面」に聞こえるのはご愛嬌
 
(3)最後に一言:
   島倉千代子が「ダイエーホークス音頭(?)」(正確なタイトル失念)を出していたのをご存知な人はどれぐらいいるだろうw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山崎選手のブログ

気づかなかったのだが、ホークスの山崎勝己捕手がブログを開設している。すでに8月から始めているようだ。
ホークス選手のブログはこれは初めてではないだろうか。

山崎勝己ブログ

だけど、ソフトバンクの選手がOCNでいいのか?!w
ま、個人的にはYahooのブログは見づらいし、アバターとかも邪魔なのでこっちのほうがいいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仰木さん、お疲れ様でした・・・・・

仰木さん、亡くなっちゃいましたね・・・・。

近鉄監督時代は、広岡西武から森西武への過渡期において西武第1期黄金期の間隙を突く形で近鉄・西武・阪急/オリックスの三つ巴の戦いを繰り広げました。なかでも88年の10・19と翌年のブライアント3連発で(いずれもダブルヘッダーだったんですよね)の優勝は球史に残る語り草です。
あの頃の近鉄は「いてまえ打線」全盛期で本当に打ち出したら止まらなかった。ホークスは近鉄が苦手でいつもノーガードの打ち合いの果てに敗れるという試合が続いていました。まさに西鉄の野武士野球を近鉄に持ち込んだという感じがしました。このころの平和台でのダイエー近鉄戦は西武戦と同じように常に球場が満員になる人気カードでした。9回を4時間の時間制限いっぱいまで使って打ち合って負けた日には、応援に疲れ果てて魂が抜け、しばらくその場を動けなかったことを思い出します。
近鉄の監督を辞めてから1年間は福岡のKBCでホークス戦の解説者をやっていました。しかしこの名将を球界が放って置くわけがなく、翌年にはオリックスの監督に就任。鈴木一郎選手の登録名を「イチロー」に改名させると、その年にホークスのドラさんこと山本和範選手と烈しい首位打者争いを繰り広げ、さっさと抜き去っていったのがイチローでした。オリックスは近鉄にくらべるとどこかスマートなイメージがありましたが、藤井、本西、小川、ホークスから移籍した馬場、デカこと高橋智、ニールなどの面々が活躍し2連覇を果たしました。
しかし、馬場が抜け、本西が抜け、ついにはイチローや長谷川までが抜けていきいつのまにか阪急時代からAクラスの常連だったチームはついにBクラスに沈んでしまい、それと入れ替わるようにホークスが強くなっていきました。
今年、不幸な球団合併という出来事に直面し、両球団を優勝に導いた仰木さんが再び采配を振るうことになりました。既に癌に冒されていたというのに・・・・。あの合併さえなければまだ数年は長生きできたのかも知れません。それでも「グランドで死ねたら本望」という言葉を残し、正に命がけの戦いを繰り広げた仰木さん、本当にお疲れ様でした。
あらためて、心からご冥福をお祈りします。 合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

腐女子の反応が面白いね

まずは和田毅選手結婚おめでとうございます。

そしてこの報道をきっかけに和田選手の公式HPは大騒ぎ。野球ファンやホークスファンではない和田ファン=腐女子達が大暴れしてます。まぁ見苦しいけどヲチしてるこっちはもうニヤニヤ。案の定こんな面白いネタを2ちゃんねらが放置するわけがなく、格好の餌食になっちゃってます。既に複数の板でヲチスレが立っているし、公式HPに爆撃を仕掛けるねらーもいるようです。

まぁ悔しがるとか残念がるのは自由ですけど、完全に赤の他人への人格攻撃、職業に対する貶めの言葉の連続はホントに見てて気分悪いですね。で、挙句に「さよなら、ホークス」だってw はいはい、サヨナラ、腐女子。
これで少しは来季のライトスタンドは浄化されますかね~。(←甘い!)

追記:これ以上暴言が続くようであれば閉鎖するとの管理人の警告(自分には悲鳴に見えたが・・・)にもかかわらず、腐女子による誹謗中傷とそれを茶化す一部ねら~の荒らしは収まることがなく、ついにBBSは一時閉鎖となりました。というか、遅すぎるぐらい。いままでよくガマンしたよ。
ねら~は腐女子のイタイ書き込みを面白がって茶化してるだけだから、それがなくなればいなくなるんだけど、腐女子は自分が荒らしであるという自覚がない(ようにみえる)から始末が悪い。彼女らをアク禁にでもしない限り再開はしないほうがいいと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

京王プレッソインいよいよ取り壊し?!

昨日、京王プレッソイン茅場町の建物の周りに工事用の仮柵が設置され、中の様子が伺えなくました。
いよいよ取り壊しですかね~。わずか3ヶ月の命だったか・・・。
そういえば玄関のところに落ち葉がかなりたまってて無残な姿を晒していたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »