« 腐女子の反応が面白いね | トップページ | 山崎選手のブログ »

仰木さん、お疲れ様でした・・・・・

仰木さん、亡くなっちゃいましたね・・・・。

近鉄監督時代は、広岡西武から森西武への過渡期において西武第1期黄金期の間隙を突く形で近鉄・西武・阪急/オリックスの三つ巴の戦いを繰り広げました。なかでも88年の10・19と翌年のブライアント3連発で(いずれもダブルヘッダーだったんですよね)の優勝は球史に残る語り草です。
あの頃の近鉄は「いてまえ打線」全盛期で本当に打ち出したら止まらなかった。ホークスは近鉄が苦手でいつもノーガードの打ち合いの果てに敗れるという試合が続いていました。まさに西鉄の野武士野球を近鉄に持ち込んだという感じがしました。このころの平和台でのダイエー近鉄戦は西武戦と同じように常に球場が満員になる人気カードでした。9回を4時間の時間制限いっぱいまで使って打ち合って負けた日には、応援に疲れ果てて魂が抜け、しばらくその場を動けなかったことを思い出します。
近鉄の監督を辞めてから1年間は福岡のKBCでホークス戦の解説者をやっていました。しかしこの名将を球界が放って置くわけがなく、翌年にはオリックスの監督に就任。鈴木一郎選手の登録名を「イチロー」に改名させると、その年にホークスのドラさんこと山本和範選手と烈しい首位打者争いを繰り広げ、さっさと抜き去っていったのがイチローでした。オリックスは近鉄にくらべるとどこかスマートなイメージがありましたが、藤井、本西、小川、ホークスから移籍した馬場、デカこと高橋智、ニールなどの面々が活躍し2連覇を果たしました。
しかし、馬場が抜け、本西が抜け、ついにはイチローや長谷川までが抜けていきいつのまにか阪急時代からAクラスの常連だったチームはついにBクラスに沈んでしまい、それと入れ替わるようにホークスが強くなっていきました。
今年、不幸な球団合併という出来事に直面し、両球団を優勝に導いた仰木さんが再び采配を振るうことになりました。既に癌に冒されていたというのに・・・・。あの合併さえなければまだ数年は長生きできたのかも知れません。それでも「グランドで死ねたら本望」という言葉を残し、正に命がけの戦いを繰り広げた仰木さん、本当にお疲れ様でした。
あらためて、心からご冥福をお祈りします。 合掌。

|

« 腐女子の反応が面白いね | トップページ | 山崎選手のブログ »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

プロ野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61790/7653040

この記事へのトラックバック一覧です: 仰木さん、お疲れ様でした・・・・・:

» 命懸けで監督を務めた男 [福岡ソフトバンクホークス応援blog]
ホークスネタではありませんが、今日は最初に、このニュースについて触れたいと思います。 仰木前監督、肺がんのため福岡市内の病院で死去 ・・・・・・・・。(マジ泣き ドラマ「大奥」を見ている最中に流れたニュース速報で知ったんですが・・・。マジでショック。 ..... [続きを読む]

受信: 2005.12.16 22:45

» 仰木彬氏逝去に見る西鉄ライオンズの名僧的考察 [平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ]
親愛なるアッティクスへ 昨夜、泥酔して帰宅したところ、仰木彬 前オリックス監督逝去のニュースを耳にしてしまいました。 享年70歳ということだそうですが、以前、野村克也氏が、「球界に残っているので、同級生はもう、長嶋(茂雄)と仰木だけになった。」と言っておられましたので、来年、楽天の監督をされる野村さんも、さぞ、お力落としのことでしょう。 ちなみに、仰木氏と言えば、監督として野茂やイチローを育てたことで有名ですが、選手としては、地元福岡の西鉄ライオンズで活躍した方でした・・・。 (福岡県... [続きを読む]

受信: 2005.12.17 15:09

« 腐女子の反応が面白いね | トップページ | 山崎選手のブログ »