« 無題 | トップページ | 明日からオリンピックですが・・・ »

「生き様がパ・リーグ」の意味についてテキトーに考えてみる

普段から、GooのRSSリーダを使ってRSSサイトをキーワード巡回しているのですが、「パ・リーグ」の項目でSINKERさんという方のブログ『太平洋同盟記』の「生き様がパ・リーグ」という記事が目にとまりました。おしゃれ手帖というマンガの1ページをぶち抜いてのフレーズらしいです。

このマンガを自分は読んだことがないので、どういう文脈のなかでこのフレーズが出てきたのかわかりませんが、あえて前後の文脈とか、作者の意図はまるっきり無視して、「パ・リーグな生き様」どはどんな生き様なのか考えてみようと思います。

周知のとおり、パ・リーグは昔から人気面でセの後塵を拝していますが、それだけにセには絶対負けられないという意地みたいなものがあると思います。ファン視点で見ると大衆迎合という路線にはあえて逆らう。一言でいうなら、

 ・長いものには巻かれない

だけど、野球というスポーツそのものは日本の中にあっては最もメジャーなスポーツであるわけで、そういう意味では長いものに巻かれているかもしれない。と、いうことは激流の川を流れに逆らって上ってはいるのだけれど、ハタからみれば結果としては流されている魚のようなものなのかもしれません。

そこが悲しいサガではありますが、とにもかくにも己の意識としては流れに懸命に抗っている。
結果はともかくとして、己の意識の持ち様に価値を見出しているのが我々パ・リーグファンなのかもしれないですね。

と、ここまで書いてよく考えたら、それはパ・リーグな生き様じゃなくてパ・リーグファンの生き様ですね。

それではファンではなくてパ・リーグそのものの生き様ってなんでしょう。

讀賣中心主義に与しない・・・・と書いてはみたけれど、04年の球界再編騒動をみてると、少なくとも6球団フロントはそれとは全く逆の動きをしていることを思い出し、これは却下。

う~ん、球団フロントにパ・リーグな生き様を求めるのは昔はともかく現代においてはどだい無理のような気もしてきましたが・・・・・・・・それでも、讀賣人気に頼ることができないパ各球団は、客を集めるためにいろいろ頑張ってきたのは事実で、そこにパ・リーグな生き様の何かがあるはずです。
最近で言えば、福岡・札幌・仙台における地域密着路線ですが、それ以前にもDHや予告先発の導入もそうですが、ファンクラブにおけるさまざまな特典はセ各球団のそれより充実していましたし、マスコットの導入も阪急や日本ハムがいちはやくとり入れたものでした。
ファウルボールのプレゼントもセより早かったし、ラッキー7におけるビジターチームの応援歌の演奏やヒーローインタビューの場内放送など、ビジターファンに対するサービスも充実しなければ集客を図れないパならではの発想だったと思います。

ちょっと話が脱線しますが、一昨年の球界再編騒動のときに、自称評論家たちが「パは経営努力が足りない」としたり顔で述べているのを見聞きすると失笑せざるを得ませんでした。結果的に赤字が続いて球団を維持できなかったのですから、まだまだ努力が必要だったことは否定できませんが、あたかもセに比べて努力が足りないかのような言い草は噴飯もの。そりゃ、中にはナニソレ?っていうような”努力”もありましたが、とにかく手を変え品を変え、必死にやってきたのがパ・リーグです。

一方、讀賣は自ら所有している媒体をうまく利用し、その人気を広げていきました。他5球団は対讀賣というコンセプト作り出して盛り上げましたが、結局はそれ以上のコンセプトは打ち出せず、ただ漫然と讀賣の戦略にぶら下がってきたのがセ5球団だと思うのです。

話を元に戻しましょう。
今度は選手視点で見てみます。選手たちも、やはりセの選手の知名度や人気に対する対抗心こそがパの選手としての心の拠り所になっていたのではないでしょうか。ノムさんの現役時代における月見草発言などは、そうした対抗心をノムさん特有のボヤキで表現したものであったと思います。またオールスターや日本シリーズでの必死さはセのそれを上回っている時代が長く続いていました。


以上のようにファン、球団、選手の視点からそれぞれパ・リーグな生き様を眺めてきましたが、共通するのは、セの球団や選手に比べて冷たくあしらう世間=メディアに対する強烈なまでの反骨心こそが心の支えとしてあったのではないでしょうか。そしてパこそが本物のベースボールなのだという気概!(真偽は別として)

では、日常におけるそんなパ・リーグな生き方とはどのようなものなのでしょう。

上記のまとめからこんな生き方をしてる人かなぁー、なんて。

・集団や組織の中で、どちらかというと注目されない、あるいは目立たない存在だと思われている。
・しかし自分の中では、自分こそが真っ当だと信じている。
・ゆえに「どちらかというと注目されている、あるいは目立っている存在」に対し、強烈な対抗心を持っている。
・長いものには巻かれない生き方をしている。しかし、実際には緩やかに巻かれている。

なんか、こう書いているとあんまり好かれるやつじゃないような気がするかもしれませんがw、2ちゃねるのプロ野球板で続いている「これからパ・リーグファンになる人へ」というスレがあるのですが、そこのテンプレに書かれているパ・リーグファンの心得十ヶ条を読んでみて下さい。

パリーグファンの心得十ヶ条(おもに精神面)
1.地元のマスコミにないがしろにされても腹を立ててはいけない
2.スポーツ新聞の飛ばし記事に踊らされてはいけない
3.主力の流出を常に覚悟していなければいけない
4.「パ・リーグはレベルが低い」とか煽ってくるやつがいても、笑ってスルーしなければいけない
5.どんなに惨めな負け方をしてもグラウンドに物を投げてはいけない
6.他球団の選手などには常に敬意を持ち、他球団のファンとは仲良くしなければいけない
7.勝敗は大事だが、それを度外視した楽しみも持たなければならない
8.日本シリーズでは、出来る限りパの優勝チームを応援する
9.周りに自分の応援しているチームを告げたときの反応に、涙してはならない
最後に.以上のことを守れてないからといって、その人を「パリーグファンじゃない」と区別してはならない

どうです?いいやつに思えてきたでしょ?w

参考文献 36氏 「許銘傑の『オレが豊田さん!』」
       上記元記事まとめサイト
       「これからパリーグファンになる人へ」まとめサイト1
       「これからパリーグファンになる人へ」まとめサイト2
       現行スレッド「これからパ・リーグファンになる人へ 十五人目」

|

« 無題 | トップページ | 明日からオリンピックですが・・・ »

プロ野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

読んでて、目頭が熱くなりました。やっぱり私も根っからの「パ」らしい。これからもそのように生きていきます。(^^)

投稿: かんねん | 2006.02.12 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61790/8545838

この記事へのトラックバック一覧です: 「生き様がパ・リーグ」の意味についてテキトーに考えてみる:

» 讀賣ファンの勘違い [破壊王子流勝手日記]
今週の「週刊ベースボール」は選手名鑑。交流戦が始まった昨年などは本当に重宝したも [続きを読む]

受信: 2006.02.10 00:00

« 無題 | トップページ | 明日からオリンピックですが・・・ »