« 川﨑が開幕戦登録外れる | トップページ | 高校生にやられました・・・・ »

平成 18年度・新入社員のタイプは「ブログ型」?!

社会生産性本部から平成18年度の新入社員の傾向について発表があった。

新入社員タイプの命名は、昭和48年度以来、平成 14年度まで 30年間にわたり、坂川山輝夫氏(現代コミュニケーション・センター所長)が命名されてこられたが、平成15年度から財団法人 社会経済生産性本部の「職業のあり方研究会」(座長:森 清 山野美容芸術短期大学 名誉教授)が引き継ぎ、命名及び発表を行っている。学識経験者などで構成される当研究会では、多くの企業・学校等の就職・採用関係者の協力を得て、本年4月の新卒入社者の特徴を検討し、タイプの命名を行ったので、ここに発表する。

平成18年度 新入社員のタイプについて

「ブログ型」

表面は従順だが、様々な思いを内に秘め、時にインターネット上の

日記を通じ大胆に自己主張する。繊細な感受性とブログ的なネットワ

ーク力に優れるが、パソコンに語るだけに止まる傾向もある。

(解説)
厳しい就職戦線に勝ち抜いてきただけに、会社の上司や先輩のあしらいかたには長けている。そのためあまり目立たず、無関心に見えることもある。そこにつけこんで頭ごなしに叱ったりすると、会社の枠組みを超えた同世代の横の繋がりの中で心情を吐露したりする。また、さびしがりやで繋がりたがったり、自分を認めてもらいたい強い欲求を持つ。

認められると思いがけない力を発揮することもある一方で、本人の気分や他人の評価ひとつで、すぐに萎えてしまう傾向もある。温かい眼差しと共感が、育成の鍵である。

社会生産性本部、確か渋谷に本部があって新入社員の時に新入社員教育でここに2日間送り込まれた記憶がある。まぁ要するに社会人・企業人としての心構えとかそういうものの教育、悪く言えば会社人間を製造するために洗脳教育を行う場所だった。
いよいよ新入社員が入ってくる。工場に入社してくる高卒は、高卒としては最後の昭和生まれになる。いよいよ来年からは平成生まれが社会人になるんだなぁ・・

それからブログをインターネット上の日記と紹介するのはやめましょう。日記として使えるのは事実だけどそれだけじゃないし、仮に日記を書いたとしてもネット上に公開する以上、ただの日記とは趣を異にすることになるわけだし。

|

« 川﨑が開幕戦登録外れる | トップページ | 高校生にやられました・・・・ »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61790/9314188

この記事へのトラックバック一覧です: 平成 18年度・新入社員のタイプは「ブログ型」?!:

« 川﨑が開幕戦登録外れる | トップページ | 高校生にやられました・・・・ »