« 4/12 マリン | トップページ | 週末のハム2連戦 »

4/13 マリン

倍返し第2ラウンド完遂!

この2連戦、なぜか初回に点が入るパターンで、昨日もスンスケから23ムランが飛び出したようで。
しかし、この日はなんと言っても寺原に尽きます。カツオのリードもよかった。寺原の復活を一番よろこんでいるのはもしかしたら今は読売にいるおなさばんかもしれません。
寺原といえば、高校時代は150キロを超える剛速球で甲子園を沸かせ、松坂に続く豪腕投手と騒がれながら入団したものでした。入団直後はその速球は控えめに制球重視で老獪なピッチングを披露していましたが、2年目の2003年に、「怪我をしやすいフォームで投げている」ということでおさばなんにより修正指導が入った。その頃から思うように勝てなくなり、2004年にはケガもあって全く鳴かず飛ばずになってしまいました。2005年には再起を期して和田の自主トレに弟子入りし、和田のフォームを取り入れることを試みたものの、彼には合わなかったのか、結局そのフォームで投げることは断念。その間にもちょくちょく怪我があったりして、時たま雁の巣の都市伝説において語られる以外は、「フォームをいじられて自分のフォームがわからなくなってしまったかわいそうなやつ」と言われ、もはや過去の人になりつつありました。球場でも入団当時は寺原のおまけと言われていた井手正太郎の方が力をつけてきて、もはや人気・実力ともに、立場は逆転したとの見方が広がっていました。

そんなわけで、おなばさんは誰よりも寺原のことを気にかけていましたし、鷹で燻っているようならウチ(読売)で引き取ろうかという、笑えないようなコメントを発したこともありました。とりあえずこれでこれからも鷹でやってくれるでしょう(笑)

それにしても寺原の後、篠原・吉武が出てきたときにはどーなるかと思いましたが、よくぞ抑えてくれた。とくに満塁の場面での吉武は怖かったですが、彼も復調の兆しですかね。まぁ点差が開いていたのもありますが。復調といえば三瀬店長も。復調の日でした。最後の藤岡探検隊長はもうさすがです。安心してみていられました。

さ~て来週のホークスは、猫屋敷で西武戦がありますが、さすがに平日の猫屋敷観戦は無理です。球場に着いた頃にはもう試合も終盤ですし、最後まで見たら帰りは確実に午前様です。とくに猫はちょくちょく野球好きモードを発動させて長い試合をやりますからなおさらです。
ということで多摩っ子の皆さん、後はたのんだ!

|

« 4/12 マリン | トップページ | 週末のハム2連戦 »

プロ野球」カテゴリの記事

ホークス」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61790/9585403

この記事へのトラックバック一覧です: 4/13 マリン:

» 鴎1−6鷹 [I live for HAWKS!]
背中を大切に [続きを読む]

受信: 2006.04.14 19:42

« 4/12 マリン | トップページ | 週末のハム2連戦 »