« しょうもない監督や | トップページ | 5/16 VS読売戦観戦 »

久々に仕事の話

先日、某会計監査法人が7月から2ヶ月間業務停止の行政処分を受けることが発表されました。
当社も影響を受ける会社の一つです。いや、2社分の担当をしているので2つかw
ウチは3月期決算会社なので6月に定時総会があるわけですが、会社法施行によってこの定時総会で定款を変更し、会計監査人の選任決議をやらなければならないのですが、6月末に総会をやる予定なので一旦この処分された会計監査法人を選任した上で、翌日に仮会計監査人を決めなければならなくなってしまいました。そして処分が明ける8月末には改めて臨時総会で本会計監査人を選任しなければなりません(処分が明けた監査法人を改めて選任する場合)。
実際にはこの処分期間中に実査等を受けることはないので実質的な影響はないのですが、仮会計監査人をどこにするかとか、臨時総会の開催とか面倒なことがいろいろでてきます。
まったく不届きな会社1社のために多くの会社が影響を受けなきゃならんなんて担当者からしたら不理尽ですな。


さてそれとは別に譲渡制限と株券不発行の定款変更のために公告の準備をしています。
6月末の株主総会で定款変更の承認を得る予定ですが、会社法によって譲渡制限は効力発生の1ヶ月前までに公告しなければならないため、決まってもいないものを世に知らしめなければならないという妙なことになってしまいました。
もちろん、定款変更の効力は決議の日から1ヵ月後とでもしておけばよいのでしょうが、実際にそんなことしてるところはないでしょうしねぇ。

|

« しょうもない監督や | トップページ | 5/16 VS読売戦観戦 »

企業」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61790/10094860

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に仕事の話:

» 会社法、計算書類はどうなったか [会社法]
 今回の会社法の制定で、財務諸表など計算書類の作り方などもかなり変わったのか。1)計算書類の範囲 旧法には、「計算書類を定義した規定はなかったが、一般に貸借対照表、損益計算書、営業報告書、利益処分案(損失処理案)を指すものと解されていた。 会社法お...... [続きを読む]

受信: 2007.07.16 18:37

« しょうもない監督や | トップページ | 5/16 VS読売戦観戦 »