« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

久々に・・・・

しばらく更新をサボってる間にも、いろいろなことがありました。
Wカップが開幕したけど日本は豪州に惨敗したとか、北京五輪の代表監督に長嶋を推そうとしてるとか、8年間使ってきたCSチューナーがついにご臨終を迎えたとか。
それぞれに、いろいろ思うところはありますが、既に話題として旧聞の類に属してしまったので書くのはよしておきましょう。
まぁW杯期間中はテンプレをサッカーにしておきましょう。
(WBC期間中に野球のテンプレがなかったのが気に食わん)

それにしても広島での試合は応援が面白いですね。ピンチテーマと南海ホークスの歌が両方聞けたり、本間の応援歌がバナザードとメモリーズの交互演奏だなんて(いや、ピンチテーマは聞きたくな(ry)おそらく他所ではありえないでしょう。

まぁ昨日は始めから高橋秀で勝てたらもうけもんという感じの試合だったので、試合を壊さないでくれた秀はよくやったというべきかな。HR連続被弾もパの球場なら普通にレフトフライでしたが、それを言っても負け惜しみにしかならないですからね。狭い球場での闘い方に慣れてなかったのか考えてなかったのか、とにかく対応できてなかったウチのバッテリーが悪かったのだと言うべきでしょう。

しかし松田がアレなんで田上使いたいんだけどサードできないのかなぁ・・。そういやズレを獲ってきたのはもともとサード守れる強打者を探しに言って見つけてきたんだが・・・・いやいや、恐ろしいことを考えるのはやめようww

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ふたりはたのうえ

昨日の阪神戦はまさにたのうえの日でした。
先発の田之上は初回ピンチを招いてこの後どうなるかと思いましたが、いい当たりもほとんど野手の正面に行くあたりで切り抜けました。コースがいいとそういう当たりになるそうですね。

先制宗ムランが飛び出したときには、うれしいんだけれども、また負けフラグが立ったのではないかと不安でした。
そんな不安を吹っ飛ばしてくれたのが代打田上のホームラン。王監督の耳打ちが来たときに、これは何かが起こるとは思いましたが、まさかホームランとは。

まさにふたりのたのうえデー。
いやいや、実はこの日のKBCラジオの実況も田上アナウンサーで、実は3人のたのうえの日だったのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

5月のサーチワード

5月のサーチワード上位20件

1内部統制 68
2会社法 62
3居酒屋あぶさん(四谷、福岡)43
4Mr.カラスコ42
5東京真隼 33
6鷹匠会 20
7関西鷹狂会18
8応援団 17
9中内正 16
10送球イップス15
10南海ホークス14
10ブルガリア事件14
10ホークスファンクラブ14
14背筋痛 13
15九州鷹狂会11
16山崎勝己10
17江藤晴美6
17ユニフォーム6
17ブログ 6
20応援歌 4
20北青山殺人事件4

5月に会社法が施行されたということで、会社法・内部統制関連が上位に入りました。
野球関連では居酒屋あぶさんが相変わらず上位に。
そして最近、応援団関連の検索が多くヒットしてますね。つーか俺は応援団とは一切関係ないので来られても困っちゃうわけですが・・・(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/1 vs横浜戦観戦

1日は前日より10分早く会社を出てハマスタへ。

関内の駅に着くと、崎陽軒以外の露店が出てない・・・・と思ったら、横浜公園内で開港まつりが開かれていて露店やバザーが多数出ていました。
それで、露店で売っていた牛カルビと豚カルビを買いました。西武ドームと違って、タレか塩を選べるようになってましたが、迷わず塩を選択。入れ物はトレイではなく、揚げ物とかを包む紙の袋でした。
これがなかなか持ちにくくて、チケットを買う前に買ってしまったものだからチケットを買うのが大変でした。
(しばらくすると紙の袋から脂が染み出してきて、肉を置いていた空き座席が大変なことになってしまいました。)

場内に入ると3回表の攻撃が終わろうとしてたところでした。先に来ていた人の話を聞くと、初スタメンだった田上がホームランを打ったらしい。しかし初回、2回と西山が3失点で敵のリードを許してるという場面。
西山あんまりよくないみたいねぇ~。

そしてやはりボルテージが最高潮になったのはパン様代打大道の場面。そしていつもの見事な右打ちでついに勝ち越し!!

で、最終回、団長馬原の登場。ヒットは打たれたもののゲッツーでピシャリ!・・・と思ったら、え?何?ファウル? 勝った?? ・・んだよね???  なにがなんだか分からないけど勝ったみたい・・・。なんとも締りの悪い勝利だなぁ・・・なんて思ってたらくみてふインテリヤ●●牛島監督登場。なになに?なんなの。終わったじゃない。 

実は外野からは微妙な判定のこととか、審判の判定が食い違ってることとかよく分からなかったんですよね。なんかわからんけどファウルを主張してるらしいのは分かったけど、まさかあんなことになってるとは思わなかった。
それにしてもメガホンやらゴミやらが次々に投げ込まれる投げ込まれる。気持ちはわからんでもないが、そりゃダメだって!それに第一1塁・ライト側からじゃ判定が正しいかどうかなんて分かるわけないじゃない。ただ便乗して騒いでると言われても仕方ないでしょ。それから乱入したアホ。せっかくファンサービスで内野フェンス低くしてあるのに、そんなことやってると、またフェンス高くなっちゃうよ?自分で自分の首締めてどうするの。
なんっつーか、民d・・・いや、皆まで言うまい・・。ウチも北九問題を抱えてますしね。

ところでこの判定問題、VTRを見た限りでは、確かにフェアのようです。したがって最終判断は正しかったことになるわけですが、問題点としては、
1. 3塁塁審の誤審。ジャッジが早すぎた?
2. 球審は合議の上最終判定を下すべきだった?
3. その場合試合再開(または終了)はどうあるべきだったのか?
4. 球審のポーズがおかしいw

といったところでしょうか。
いずれ週ベの実例でみるルール解説で出てくるでしょうからその時を待つしかないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/31 VS横浜戦観戦

1週間空けて鷹戦士たちが再び関東にやってきました。

会社最寄りの茅場町の駅に着いたのが18:00ごろ。そこから東京駅~東海道線回りで約1時間かけて関内に到着。
昨日も書いたように場内外野の売店は狭くて品揃えも少ないため試合中に買うのはほぼムリ(試合を見るのをあきらめるなら可能だけど、本末転倒・・・)。
てなわけで、関内の駅からハマスタに向かう100mぐらいの間に露店が並んでいるので、崎陽軒のシュウマイ弁当を買って球場へ。(余談ですが、崎陽軒ってバカIMEでも一発変換で出るのね・・・・)

外野席チケット売り場はまだ行列が・・・。人数はそんなに多くはないのですが時間がかかっていました。売り場のおばちゃんの手際が悪いんですね。
でやっとのことでスタンドへ。先に来ていた観戦仲間がいるので席の心配はいらなかったのですが、分かっていたこととはいえ、席が狭い('A`)。座席の下にかばんと上着と弁当を置いたらもう足の踏み場がないほどになってしまいました。これじゃぁトイレに行くのも億劫になっちまうわ。。
着いたときには3回の表の攻撃が終わったところで、2対2の同点でした。
まぁ試合はともかく、喉が乾いたのでビールを買って飲む。うまいねぇ~。
しかし慣れない景色と狭さのせいか、どうも試合を見ているような気持ちにならない。実際には見ているし、大声で応援もしているんだけれど、試合内容がさっぱり頭に残らない。ただ目の前で起きている出来事に一喜一憂してるだけという感じ。
こんな感じってあんまりないというか、よほど酔っ払ったときはそうなりますが、決して酔ってたわけではないんですよねぇ。結局家に戻ってPBNをみて、ああ、そういえばそういう試合だったなって確認した次第。

応援で面白かったのが、「チャイナ応援(仮?)」。
真隼の人がなにやら小道具を身に付けてリードに立ったので、何かやるなと思ったら、横浜→中華街→チャイナってことで、和田の打席の時には「ボールをよく見ろ」のかわりに「見ちゃいな 見チャイナ わ~だ!」、大村の打席の時には「打っちゃいな 打っチャイナ大村!」のコールw 結局このイニングはコールで遊んでるうちにあっという間に終わってしまいましたw

まぁとにもかくにも久々の連勝で5月も勝ち越すことができました。
試合後は球場の外でRKBラジオ「ホークス歌の応援団」の中継がきていたようで、その場所だけ異様に盛り上がってました。「鬼ちゃんドコ~?」と思いつつも、早く帰らなきゃということでとっとと帰ってきました。
それでも家に着いたのは23:00過ぎでした。横浜は遠い・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »