« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

7/30 vs北海道日本ハムファイターズ

30日はなぜかこの日だけ東京ドームでの試合。しかも函館からの移動という強行日程。

この試合、チケットが前売り段階でかなり売れてまして、東京ドームのハム戦など当日券で大丈夫とタカを括っていたので焦りました。既にローソンやぴあは内野自由席以外は完売状態でしたが、どうにか前日に球場の前売所で残り少ない外野のチケットを入手できました。

そんな感じなのでいつもよりは出足早いかなということで25ゲート前の入場列に場所取りに行くために7時前に家を出て、車で現地に向かいました。着いたのが7:20分頃だったと思いますが、既に列は4列目に入ったところでした。普通のハム戦ならこの辺になるのは昼前に着いたときなんですが、思った以上に出足が早い!先着の観戦仲間がシートを既に貼っていましたので、自分のシートは貼らずにそのまま一旦帰宅しました。

12:00ごろ再び家を出て今度は電車で東京ドームに向かいました。
12:30ごろに現地着。メトロMの地下で昼食をとったあと、暑いので野球体育博物館で涼むことにしました。ことにしました、っていうか東京Dで入場待ちするときには個人的な定番コースです。このときはWBC写真展が特別展示。この前のオールスターで殿堂入りの表彰を受けた人たちのレリーフと関連品も展示。その中にはもちろん門田博光さんの関連品もありました。カメラを持ってこなかったので写真でお見せできないのが残念です。
その中には88年の南海ホークスのファンブックもありました。表紙にはニャンコ藤本、佐々木誠、あと誰だったか忘れましたが3人が写ってました。

そろそろ飽きてきたので25ゲート前に戻ると列が物凄い!最終的には11番ゲートを越えて24ゲートのところまで来てました。

それにも拘わらず、開門は予定通りの16:15分キッカシ。普通早めるだろ!
入場してみると、まだガラガラ。それどころか、外に一杯並んでいるのになかなか入場してこない。というかピッタリ人の流れが止まっている。一体どうなっているのか。

さて、先発は子犬こと杉内。2軍でミニキャンプをしたものの、結果が出ないまま見切り発車的に1軍再昇格。でスタメン発表見て全力で負けにいってるんじゃないかと不安に。だって3番が辻で7・8・9が斉藤秀、仲澤、的場なんだもん・・・(柴原が胃腸炎だとわかったのは家に帰ってPBN見てからでした)。どうみてもAOS(自動アウトシステム)です。本当に(ry・・・。唯一パン様(大道)スタメンだけがおおおおおっ!って感じでした。

3回までは双方パーフェクト。だけど4回を迎えるときちょっと嫌な予感がしたんですよね。新人の頃の子犬の「4回の壁」ってやつをふと思い出してしまって。
そしたらあれよあれよと4失点。ズレのHRで1点返したときにはまだ少しだけ望みが残ってましたがすぐに突き放されたところでオタワ・・・。
まぁ最後だけちょっと盛り上がりましたけど、追いつかない程度の反撃ってやつで。

まぁコユキヒットおめ&岩下復活おめという2大おめがあったし、SHINJO東京Dラストゲーム(?)ということで、勝ってもどうせスポーツニュースはハム視点になっていたことでしょう。

それにしても結局東京D満員になりましたよ(もちろん2階席も)。約36000人。ってことは55000ってのは19000も水増ししてたのか(まぁ福岡Dもヨソのこと言えませんが)。実数レベルでは東京Dも福岡Dも収容人員がほぼ同じってことになりますね・・・。

まぁとにかく日曜日にナイターは翌日が疲れる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半戦観戦成績総括

オールスターも終わり、いよいよ後半戦です。
オールスター出場選手にとっては、通常の移動日と同じく1日しか休みがないまま、後半戦突入ですね。

さて、前半戦終了ということで、我が観戦成績をまとめてみました。


WBC・オープン戦
WBC 壮行試合 日本vs読売
WBC 一次予選 日本vs中華タイペイ
WBC 一次予選 日本vs中国
オープン戦 vs読売(東京D)オープン戦 vs日ハム(東京D)
オープン戦 vsヤクルト(神宮)

公式戦
4/4(火) ○ 5 - 2 vs. 日本ハム 18:00 東京ドーム
4/5(水) ● 5 - 8 vs. 日本ハム 18:00 東京ドーム
4/6(木) ● 0 - 3 vs. 日本ハム 18:00 東京ドーム
4/12(水) ○ 4 - 1 vs. ロッテ 18:15 千葉マリン
4/13(木) ○ 6 - 1 vs. ロッテ 18:15 千葉マリン
4/22(土) ○ 13 - 2vs. オリックス 14:00 大阪ドーム
4/23(日) ○ 6 - 4 vs. オリックス 13:00 大阪ドーム

5/5(金) ● 5 - 7 vs. 西武 13:00 インボイスドーム
5/6(土) ○ 11 - 3vs. 西武 13:00 インボイスドーム

5/16(火) ● 3 - 7 vs. 巨人 18:00 東京ドーム
5/17(水) ● 0 - 4 vs. 巨人 18:00 東京ドーム
5/18(木) ○ 4 - 2 vs. 巨人 18:00 東京ドーム
5/19(金) ○ 6 - 3 vs. ヤクルト 18:20 神宮
5/20(土) ● 2 - 14vs. ヤクルト 18:50 神宮
5/21(日) ○ 7 - 4 vs. ヤクルト 18:50 神宮
5/31(水) ○ 3 - 2 vs. 横浜 18:00 横浜
6/1(木) ○ 4 - 3 vs. 横浜 18:00 横浜
6/30(金) ○ 7 - 2 vs. ロッテ 18:15 千葉マリン
7/1(土) ● 3 - 7 vs. ロッテ 18:15 千葉マリン
7/2(日) ○ 10 - 7vs. ロッテ 13:00 千葉マリン

7/8(土) ○ 9 - 1 vs. 楽天 15:00 フルキャスト

7/20(木) フレッシュオールスター 東京D
7/21(金) オールスター第1戦 神宮

観戦全29試合
公式戦観戦(21試合)成績14勝7敗 勝率 .667


WBC・オープン戦を含めると既に29試合だったんですねぇ。交流戦があると、関東にチームが偏ってるので観戦数が増えますね。
公式戦だけを見ると21試合で14勝はなかなかじゃないでしょうか。
数年前のホークスは関東でまったく勝てませんでしたが、そんな話も今は昔になりました。
まぁ今年勝率がいいのはホークスがビジターの方が戦績がいいからなんですけどね。
(その代わり福岡で勝てないことが多かった)

しかしこうしてみると公式戦は最初の1試合を除いてちゃんと観戦レポ書いてるなぁ(まぁ3試合分まとめてとかもあるけれど)。我ながらちょっと意外。

さて、オールスターが終わったばかりですが、今週末はハム戦があります。土曜日は函館、日曜日は小石川ドーム・・・。まぁ多分函館には遠征しないと思いますが、小石川にはもちろん行きます。
日曜日ですが、なぜかナイターなので注意が必要です。

それ見たらしばらく生観戦はお休みかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/21 オールスター第1戦(神宮)観戦

7/21、神宮で行われたオールスター第1戦を球場で見てきました。
長いこと球場通いしてますが、実はオールスターナマ観戦は生涯初だったりします。
天気が心配されたのですが、試合開始前にどうにか雨も上がり、予定通り開催。

球場に着いたのはちょうど先発選手が紹介されるセレモニーが行われている最中でした。
自分のチケットはレフト側外野席のOブロックの17段目。
交流戦で来るときはだいたい中央付近になるSブロックとかRブロックとかそのあたりなのですが、Oブロックはかなりバックスクリーン寄り。で段数もいつも指定席の上の通路に面した自由席の一番下の段なのですが、今日は席が通路からは離れてて、階段からも離れてる席だったので狭い!!!身動きが取れないような場所で、人が多いため売店に行く気にもなれない状態でした。
しかもレフト側(=パ側)なのに前の席には巨人ファン、隣の席には阪神ファン・・・・・ってなんじゃそりゃ!!

まぁとにかく今日は一日応援歌厨になって騒ぎまくろうと思って、パ・リーグ各球団の選手別応援歌をネットから印刷して持参したりなんかして意気込んでいたのですが、なんだか貧打線で応援厨的には盛り上がらない・・・。ましてや外野からではSHINJOがあんな面白いベルトしてたとかわからないし・・・。
後で観戦仲間の席におじゃましてみると最上段の席で非常に移動し易くて、セファンもいないし、快適そうでオールスターを楽しんでる風でうらやましかった。。。。

結局グランドよりも人ごみに翻弄されたオールスターになってしまいました。
次回機会があったらこういうときは立ち見(そういう券種はないけれど)に移動したほうがいいなと思いました。

そういえば、試合終了後、信濃町の駅に向かってると室内練習場の前~軟式野球場への入口のあたりで根来コミッショナーとすれ違いました。人の流れに逆らうように人ごみの中を反対方向に歩いて行ってましたがどれぐらいの人が気づいたかな~。まさかコミッショナーがこんなところを普通に歩いてくるとは思わなかったのであれっ?あれっ?あれっ?という間にすれ違ってしまいました。もっと肝っ玉が据わってたら仕事しろコノヤローとか言わなくてもいいことを言ってしまってたかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/20 フレッシュオールスター観戦

東京ドームで行われたフレッシュオールスターを見に行ってきました。
以前は全ウエスタンvs全イースタンの形式でしたが、東西のチーム数のバランスが崩れてしまったため、去年からセ・パ対抗の形式になりました。
我らがパシフィックは1塁側。ということで、久々に白ユニを着てライトスタンドで応援してきました。

応援団は東北楽天を中心にとあとは千葉ロッテが数名しか来てなかったですね。セ側も阪神と読売が中心で、ライトスタンドから見る限りあとはいないように感じました(湘南がいたかも?)。

まぁ2軍の試合ということでレベル的にはアレなので、とにかく12球団の応援を楽しみに来たのですが、最初から最後までHMは種類が少なく、汎用曲が使われるし、出塁曲も各球団のやつを使ってなかったりで応援的にはあまり見所がなかったのが残念でしたが、7回の白いボールのファンタジーの大合唱だけは盛り上がりました。
あとは後でCSの再放送見てると福浦のHMの時は盛り上がってましたね。現場ではそれほど感じなかったのですが・・・。まぁパファンなら誰もが知っている曲ですから歌いやすかったのでしょう。
そういえばもう1つ有名どころの曲といえば小笠原もなんですが、やらなかったですねぇ。

さて、我がホークスの選手はといえば、城所が1番センターで先発。初回にボテボテのセカンドゴロが内野安打になって出塁。盗塁を試みたものの誰がどう見ても余裕でアウト・・・・。

パシフィックは初回から4点を取られて終始リードされるし貧打だし、相手には面白いようにヒットを重ねられるし試合自体はつまらないものになってしまいました。
パの投手がカンカン打たれてる中で輪がホークスの西山が7回に登場。ランナーを1人出したものの、無事無失点に抑えてくれました。もう1イニング見たかったなぁ。

さて、今日は神宮で本番のオールスター。・・・・なのですが天気が心配。
まぁ明日に順延の方が試合前のイベントから見れるのでいいっちゃいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松中の膿瘍は「ガス壊疽(えそ)」だった!!

松中球宴辞退も…でん部はれ物は「ガス壊疽」:プロ野球:野球:スポーツ報知.

松中球宴辞退も…でん部はれ物は「ガス壊疽」 右でん部の腫れものに苦しむソフトバンク・松中信彦内野手(32)が18日、ガス壊疽(えそ)の一種に感染していることを明かした。早期治療により軽度にとどまったが、進行すれば命にもかかわるもの。球宴を辞退する可能性も出てきた。
 試合前の練習終了後、突然、口を開いた。「医者からはガス壊疽と言われました。どういう症状なのか、きっちりと話しておかないと、憶測が流れても困るので。早めに治療をしておいて良かったです」と神妙な表情を浮かべた。
 6月22日に患部の痛みを訴え、福岡市内の病院で切除治療を受けたが、再び悪化。12日に再び切除治療を受け、緊急入院した。2試合欠場したが、15日の日本ハム戦(福岡ヤフードーム)からは、治療を続けながら強行出場。この日も、抗生物質入りの点滴を受け、球場入りした。「先頭に立って戦う気持ちは強い」と気丈に振る舞う松中だが、完治には安静を要するもので、球宴出場が微妙になってきた。

 ◆ガス壊疽 ガスを発生する悪性の細菌によって筋肉組織に起こる感染症。感染部には激しい痛みが生じる。筋肉組織に早く進行するもので、治療しないと急速に死に至る。通常、外傷を受けた後や手術後に発生するが、大腸がんや白血病がある場合などには特発的に起こるケースもある。

(2006年7月19日06時07分 スポーツ報知)

王監督が胃がんと戦っている中で、松中も一歩間違えれば生命に危険が及ぶ病気だったことがわかりました。
さらにぐぐってみると・・・

http://wwwa.ncv.ne.jp/~ha-sami/yougosyuu_ka.html

おそらくこれの、「非クロストリジウム性ガス壊疽」かと思われますが、よく見てみると、「糖尿病や免疫不全状態などの基礎疾患をもつ人に発生することが多い」とあります。
詳しいことはさっぱり分かりませんが(詳しく説明されればもっとわからなくなってしまうw)、なんかおいおい大丈夫なのかよ・・・と思ってしまいます。

このところ病院から球場に通っている松中ですが、それどころじゃないだろ、という気がします。ましてやわざわざオールスターに出ている場合ではないだろと。21日は神宮に見に行く予定なので出て欲しい気持ちもないわけではないのですが、監督同様治療に専念すべしと思いますよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

王さん手術成功

王さんの手術が成功したとのこと。

やはり胃ガンだったようで、腹腔鏡による胃の全摘出を行ったとか。
またリンパ節に1箇所転移がみられたので切除。

リンパ節と聞いたのでこれはまずい!と思ったがどうやら必ずしもそうではないらしい。
ネットでいろいろ調べたり、掲示板で質問したりした結果、胃の周りはおおまかに何十個ものリンパ節が3重に並んでて、それらを全部突破して初めてリンパ管を通って他の臓器に転移を始めるそうで、1個だけなら楽観はできないけど、直ちに危険な状態というわけではないそうです。
ワタシャ最初てっきり首のところのグリグリに転移したのかと思ってびっくりしちゃいましたよ。リンパ管に入ると瞬く間に全身に転移していくと聞いてたし。

また内視鏡と腹腔鏡との違いも始めて知りました。大雑把に言って臓器の内側か外側かの違いだそうです。最初、内視鏡で手術するって聞いていたので内視鏡で全摘出って、胃の中にカメラやメスを入れてどうやって全摘出するんだろうって思いましたが、胃の中には入れないんですね。

いずれにしても胃を全部取っちゃったわけだから、普通に考えて日常生活はともかく、監督復帰はハードすぎて難しそうですね。総監督とか名誉監督とかならありうるでしょうけど、実務は次期監督ということになりそうです。
森脇さんか秋山様かはたまた 鳥越(謎爆) 未知の第三者か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JINビジネスニュースの「捏造記事」

とある「捏造記事」が波紋を呼んでいる。

7/10付「JINビジネスニュース」(http://jp.jinbn.com/2006/07/10202326.html

ネットで王監督に 「千羽鶴贈ろう」運動


プロ野球ソフトバンクの王貞治監督が胃の腫瘍のためチームを離れ、手術を受けることになった。監督の快復を祈って、ファンクラブや地元の商店街で千羽鶴を折ろうという呼びかけが行われ、掲示板やSNSなどネット上でも同様の動きが広がっている。

「千羽鶴を贈る」スレッドが立つ

ホークスの本拠地、ヤフードーム(福岡市中央区)。熱烈なファンが多い ホークスの勝利を願って建てられた神社「勝鷹水神(福岡市早良区)」では、2006年7月6日からノートと折り紙が設置され、記帳と千羽鶴作りを呼びかけている。7月7日付けの朝日新聞によると、宮崎市で唯一の球団公認ファンクラブ「鷹将軍」(会員約730人)でも、同様の呼びかけが行われているという。

ネット上の掲示板「ホークス応援掲示板」でも、7月5日深夜、「王監督に千羽鶴を贈るスレ」というスレッドが立った。

「黄色と白で折るかな」「色は黄色と白っていう案はいいと思う。個人的にはオレンジと緑の束も欲しいような気がするが」 と、どこで折り紙を入手するか、どうやって各地で折った鶴をとりまとめるか、など話題は多岐にわたった。


ミクシィでは「8万9千羽」が目標


最大手SNSのmixi(ミクシィ)でも、同様の動きが見られる。「王監督へ8万9千羽鶴を送ろう!」というスレッドが立ち、7月10日18時現在で626件もコメントが書き込まれている。なお、「8万9,000」という数字は、王監督の背番号「89」にちなんだものだ。

(中略)

だが、球団側はこの「千羽鶴を贈ろう」運動を歓迎していないようだ。福岡ソフトバンクホークス広報部はJINビジネスニュースの取材に対し、「特に(千羽鶴の)受付の窓口は設けておらず、お気持ちだけいだだくようにしたい」と、千羽鶴を受け取る予定はない、と話した。また、球団としても今回のネット上の運動を把握しているといい、「すでに送られてきたものは仕方ないが、これから送ろうと考えている人は、控えていただきたい」と、「送られても困る」と言いたげだった。

王監督の回復を祈るホークスファンは、千羽鶴の他にも、気持ちを伝える方法を考える必要がありそうだ。

自分も「ホークス応援掲示板(通称:鷹板)」での議論に参加していたが、この記事にスレは色めきたった。確かに迷惑かもしれない、他に王さんを激励する方法はないかといった意見もあったが、いくらなんでも対応が冷たいのではないか、いや、そもそもこの記事は記者の主観・憶測で占められてるんじゃないかなどの意見もあった。
2ちゃんねるのプロ野球板にも同様のスレッドが立っており、こちらはどちらかといえば、「せっかく頑張って折ってたのにひどい」「球団冷たいぞ」、「そうだとしてももっと言い方があるだろう」、「ファンを舐めるなといった発言が目立った。

翌日には、http://jp.jinbn.com/2006/07/10202326.html

王監督への千羽鶴 球団も受け入れ前向き


ネット上で「王監督に千羽鶴を贈ろう」という動きが広がっているなか、球団の「お気持ちだけいただきたい」という意向に、ファンから落胆の声が上がっている。その一方で、「千羽鶴の持ち込みは歓迎だ」という神社も登場。球団も一転、前向き姿勢を示すなど、ホークスファンの気持ちをのせた千羽鶴に「着地」の可能性も出てきた。

という記事も出てきて球団の真意を確かめる行動にでたファンも現れた。
それによると、

「千羽鶴を歓迎していないようだ」という一文なんですが、これは病院の方に送られてくる事に関して、やはり病室が手狭なので、 病院の方に送ってこられるのは出来たら避けて欲しいという意味でした。
そして「仕方ない」「困る」の二言ですが、これは大いに誤解で、 球団側としてはその様な言い方はしていないとの事です。
確かに表立って窓口を設けてしまうととんでもない数が来るだろうから、 今回敢えて窓口自体は設けていないけれど、それでも送られて来た物に、 「仕方ない」や「困る」と言ったことは一切言ったつもりはないとの事です。 記事を書かれた方にその球団側としての考えをお伝えしてる際に、 その様に取られてしまったのだろうと仰ってました。

そして、問題の千羽鶴の企画の運営なんですが、木村様(広報)が仰るには、「病院じゃなくて、球団事務所に送って頂く分には歓迎します」 との事です!!なので、続けても大丈夫の許可を頂きました!!

ということで、やはり10日の記事が記者の憶測・曲解による捏造・作文であることが判明した。
この記事を受けて球団が記事の否定に乗り出すと先述の11日のような記事を掲載し、あたかも球団が方針転換をしたかのごとき捏造を重ねたのである。

10日の記事の段階では、まぁ記者も曲解記事を載せてしまったが捏造というには言い過ぎかなぁと思っていたが、11日の記事を出すに及んで自らの誤報の責任をあろうことか被害者である球団になすりつけるありさまを目の当たりにしては、一連の記事は「捏造」であったと断ぜざるを得ない。

10日の記事をみてがっかりした人は多いと思う。
もちろん大量の千羽鶴を送られたら迷惑かなと考えるのはいいが、常に大量に送られてきているであろうファンレターはどうなのか、バレンタインデーのチョコレートはどうなのか、鶴を飾る場所ぐらいヤフードームの中にはいくらでもありそうなことを考えるとファンの側でそこまで深刻考えなくてはならないような問題でもなかったはずだ。

このような捏造記事を重ねたJINの記者は恥を知るべきである。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

7/8 vs東北楽天戦観戦

ええとですね、先週の対ロッテ3連戦(マリン)の記事を書きかけてたんですが、なかなか書く暇がないままに土曜日に仙台まで行ってきましたので、そちらの方を先にアップします。

仙台に行こうと思ったのは金曜日の夕方。急な思いつきです。
なので観戦仲間も誘うことなく一人で行って来ました。

8時過ぎのはやて・つばさ号に難なく乗れました。というか、JR東日本の新幹線の列車種別の優劣がよく分かってない自分・・・。テキトーにある程度余裕をもちつつ一番直近に発車する列車の指定席を買いました。乗ってみて初めてこれが全車指定であることに気づき、東海道・山陽でいうところののぞみタイプだとわかりました。下手をすると各駅停車の指定を買うハメになるところでした・・・・w

10時頃に仙台駅について、仙石線に乗るか、歩くかいろいろ迷いましたが、初めてのフルスタなのでとりあえずタクシーで行くことにしました。
タクシーの運転手さんにどこから来たのか聞かれたので、東京の「ほう」と答えてしまいました。いつのまにかすっかり自分も千葉都民クオリティ炸裂ですww まぁ東京駅経由で来たので嘘は言っていないw

3時試合開始ということで試合にはまだまだ時間があり、球場の周りには一般客はまばらでした。
外野の入場列に行ってみると前にはまだシートが3枚しかない。いくら試合まで時間があるといっても週末のこの時間からこの少なさは大丈夫なのか、ホントにここの入場口でいいのかいささか不安になっているところに、応援団の人が自分の後ろに並んだのでどうやら入口は間違っていない模様。
でも、自分の後ろに応援団がフツーに並んでるなんて自分の知ってる範囲の常打ち球場ではありえないことので不安になって、思い切って「俺ら一般が前に来ちゃっていいですか?」って聞いてしまいました。そしたら実にあっさりとに「どうぞ」って。初めてで勝手が分からないとはいえ、「所変われば」だなぁ・・・と思いました。

さて、開門してみて「芝生席」を目指したわけですが・・・。
なんじゃこりゃあああああっ!芝生などありゃせん!でかい雑草がぼこぼこと固い土の上にへばりついてるだけじゃないか!!!(この模様は応援団の方が書いているブログ「世界最強! まっは」(本文からはリンクしないので右のリンクで捜してください)に写真が載っているので確かめて見てみてください。ひどい様子がよくわかります。)

しかしテレビで見るより芝生席の面積はかなり狭く感じました。100人も座れば多分ギッシリになるでしょう。
しかし実際には100人どころかホークスファンは手で数えられるほどしかいませんでした。レフト側にもイーグルスファンがたくさんいて、福岡ドームの逆の状態。フランチャイズのあるべき姿ではあるのでしょうが、それにしても週末というのにホークスファンがたったこれだけというのはあまりにも寂しすぎです。

しかし、こういうときに集まるファンはあの神宮での日付またぎ試合もそうでしたが、コアなファンばかりになるのが常というもの。少数精鋭でまとまりましたよ。
関東持ちの球場だけど大村の応援歌のときは関西・福岡と同じように近鉄曲との交互演奏(ただし、口ラッパ)になるのが仙台の特徴でした。

それにしてもこの日は霧雨が降り続いて寒かった・・・。長年使った場所取り用のレジャーシートも泥んこになってしまったので持ち運びがムリと判断して捨ててしまいました。

仙台はデーゲームなら日帰りも可能なのですが、せっかくなので仙台の夜がどんなもんか探検することにしました。それでまずその拠点となるカプセルホテルを捜したのですがなかなか見つからない・・・・。歩いて歩いて一番街のネットカフェで検索してみたものの思うようなところがない。歩きつかれたのでリラクゼーションつきのサウナを捜したのですがそれも見つからず。。。結局仙台駅に戻ってタクシーで聞いてみることにしました。けどやっぱりないみたいで、国分町に1件だけホントにカプセルだけのホテルがあるだけでした。
タクシーの運転手が言うには、そういう店は郊外にはあるけれど、市街地にはないとのこと。東京だったらパチンコ屋にサウナ&カプセル併設っていうパターンが多いのでパチンコ屋を目指して捜したんだけど、仙台にはそういうのはないそうです。
ということで、仙台に泊まるときはちゃんとしたホテルに泊まりましょう。

せっかく国分町に来たので、遊んでみるかと思って夜の街を散策したのですが、自分のち・・・いや、琴線に触れるような店は見つからず、とっとと帰って寝ましたw

その後、東京に戻ってからも車のキーを無くしたりとまぁいろいろあって、歩きすぎて足が痛くて普通に歩けないぐらいになってしまいました(今もまだ痛い・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/30~7/2 vs千葉ロッテ戦観戦

6月は関東での試合がほとんどないのと、仕事では株主総会シーズンで忙しいこともあって更新が滞りがちでしたが、30日に無事総会も終わり、そのご褒美?として終わったその日から千葉で試合。
このところだだでさえ蒸し暑いのですが、日中忙しく動き回ったせいですでに汗だくの状態で会社を出発。海浜幕張からはシャトルバスもあるのですが、行列作って待つのがマドロック・・・いやまどろっこしいのでいつものようにタクシーを使ってマリンヘ。
(そういえば4月に来たときにはビジターFC用のチケット売り場が正面入口にある「かもめの窓口」から外野のチケット売り場に変更されたな・・・)と思い、タクシーを外野方面で止めてもらい、車を降りてチケット売り場へGO!・・ってそこについたら人影がまばらでさらに近づいてみるとシャッターが閉まっててなにやら張り紙がしてあるので、読んでみると、交流戦中にチケット売り場がまた変わり、正面からやや三塁側寄りの場所に移転したと書いてある・・・。4月に続いて2度も手間をとらされることになるとは・・・。
そういう大事なことはもっと手前の方に表示しなさいっての。(マリンの敷地の構造が分からない人には何のことかわからないですね^^;といってもそれ以外に書きようがないのがマリン・・・。)
さて試合ですが、この日はカズミが好投し勝利。

土曜日。この日はナイターなのに外野の駐車場を確保したい一心で、10:30にはマリンに着いてしまいました。こらからどうやってヒマを潰すか・・・・ってことでまずはシートで入場列の場所とり。そのあと、チケット販売開始時刻を確認。次に海浜幕張にいって遅い朝食・・・。しかし、さすがに土曜日のこの時間では早すぎてプレナのロッテリアぐらいしか開いていない。ってことでしばらくプレナの中を探検。考えてみたらプレナってちゃんと中を見たことなかった。3階に上がってみると100均があったので、そこで黒いガムテを調達。
5Fのゲーセンでちょこっとだけヒマを潰した後、3Fの蕎麦屋「そじ坊」で朝昼兼用の食事。

その後マリンに徒歩で戻り、さっき買ったガムテでチケット売り場の列を確保。
しかしそれからが長かった・・・。途中雨も降ってくるしとにかくヒマ。

ようやく開門となり入場するとはやくもあちこちで鳥越選手への声援が。そう、誕生日だったんですね。今年は出番が少ない鳥越選手ですが、人気は相変わらずです。レフト売店で「ステーキ丼」を注文してみました。注文からできあがりまで5分ぐらいかかりましたが、なかなかうまかったです。次はチャーシュー丼も試してみたい。
しかしこの日は魔の土曜日。また負けてしまいました。

日曜日デーゲームでしたがはちょっと遅めの10時すぎに到着。駐車スペースが拡充された、というか従来留めてはいけない場所にも停められるようになったので、この時間でもマリンの駐車場に入れることができました。
しかし風が強い・・・・。マリンの強風には慣れてますけど、風に正対して立っていると時折よろけるほどで、ギリギリ試合ができるかどうかというぐらい強く吹いてました。結局最大13m/sの強風だったようです。試合中ずっとグランド内にビニール袋やゴミが舞っていました。最終的にはこの風にも助けられ、試合に勝つことができました。

次回東京Dのハム戦が終わった時点で観戦成績の中間まとめをしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »