« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

3/31 vs千葉ロッテ戦観戦

070331_3
070331
昨日までの初夏のような陽気から打って変わって今日は肌寒くずっと曇っている天気でした。
寒いのでチケット販売開始まで車の中でヒマをつぶしましたが、開門が去年より1時間早まって、試合開始の3時間前になったため、10時には開門ということで、出足がさほどでないうちに場内に入れました。
しかし、3時間は時間をもてあましてしまいます。
070331_1
まぁロッテの練習も見れるという点ではいいのかも知れませんが・・・。

それにしても今日はブキャナンデーでした。
応援歌どおり粉砕隊長でしたw 粉砕隊ってどこのビル解体業者?・・・というのは置いといて(ゼスチャーゲーム風に)、小久保も期待通り。松中にまだ一発がないのと、カズミがオープン戦からずっと調子がイマイチなのが気がかりです。ってかカズミも基本的には隔年投手のケがあるような気がする。そういうとこだけ工藤のクセが受け継がれてるw

070331_2

そうそう、2次会でまたホワイトの応援歌やりました。今度は歌詞がついてましたw


どんな時も 君の声が聞こえる
ホワイト いつも
3本立てよう>
かっとばせー!ホーワイト!DoCoMoを倒せー!オー!

どんな時も 君の声が聞こえる
ホワイト いつも
3本立てよう>
かっとばせー!ホーワイト!au倒せー!オー!

です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/30 vs千葉ロッテ戦観戦

070330

写真はモギリ前のチケット。薄暗いところで撮ったためどうやっても手ブレしてしまいました。
球場に着いたときには3回表の攻撃中でした。
2回の裏にエラーがらみで4点取られたところは見ていないため、終わってみればこれがすべてだったようで、自分が見た神内はそれほど悪くなかったため、水田キツネにつままれたような試合でした。
それにしても寒かった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強いね

このところ帰宅後にナイター見てると、花粉症や咳喘息の薬のせいか、単に疲れているのかわかりませんが、途中でいつのまにか寝てしまうことが多いのですが、昨日は久々に最後まで見届けることが出来ました。
なんと言うか、小久保の美しいぽpアーチ、もうそれだけで絶叫に近い歓喜の雄叫び状態でしたが、さらに多村の走者一掃タイムリー、さらにはシヴァの今季初安打初打点まで見れるし、子犬は完封するわでこれは強い、と思いました。
特に多村がイイですね。普段はどっちかっちゅーといつも怒ってるような表情で怖いのですが、あのクシャクシャの笑顔がなんともいい。
思えばホークスファンになってから18年が過ぎましたが、これほど頼りになる背番号6はなかった、というと湯上谷や鳥越に怒られるでしょうかw まぁその2人とは全くタイプの違う選手であることだけは確かなのですが、なんといっても打席に立ったときの期待感が全然違いますw

さて今日はいよいよ向こうは田中マー君が初登板です。いろんな意味で楽しみですが、どうかマー君にプロの厳しさを教えられるマネだけはやめてね♥

明日からはマリン。天気が心配ですがこのまま勢いづくためにも試合してほしいものです。

ああ、宇部商も気になるぅ・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パスモ定期

今持っている磁気定期をパスモに変えようと定期売り場にきましたが、凄い行列になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/17vs東京ヤクルト戦、3/18vs千葉ロッテ戦観戦

この週末は、神宮とマリンでオープン戦を見てきました。
この2つをまとめて一言でまとめろといわれたらこういいます。

寒い~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!

神宮の方は最初の頃はいくらか暖かかったのですが夕方になるにつれ寒かったです。
しかし、それはまだまだ甘かったことを翌日に思い知らされました。

マリンは風速12メートルの風が吹き荒れ、体感温度はおそらく5℃にも満たなかったのではないでしょうか。
しかも外野席は全く日が当たらない状態だったので日差しの恩恵もありませんでした。

このところマリンは毎年のようにいろいろなものが変わってきていますが、今回は売店が変わってました。
なんというか、内装が無駄に小洒落たものに変わってしまいマリンのよさであった「手作り感」が失われてしまいました。店員もいままではおばちゃんがいたりしたのですが、バイトの若い女性に代わってしまい、今までみたいに「これサービスね」みたいなやりとりは到底無理そうな感じでした。Photo
そしてなにより、名物だったステーキ丼、チャーシュー丼やジャンキーだけどなぜかおいしいフランクフルトややきそばなどのメニューが消えてしまいました。
まったく余計なことをしてくれたものです。

応援で面白かったのがホワイトです。
しかも「かっ飛ばせーホワイト」の後に「ドコモを倒せー、オー!」「au倒せー、オー!」がついてますw
ロッテも「よしこ」の応援歌作ればいいのにねw

ブキャナンがあまりに打てないのでそのたびに「ホワイトに代えろ!」という野次が飛んでました。
最後に珍しくヒットを打ったのですが、打てたことに対して「マジかよ!」って意味で笑いが起こってました。

オープン戦観戦はこの2試合で終了。
次はマリンでの公式戦ですが、それまでに暖かくなればいいんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

は~よ~や~れ! 構造改革、ドラフト・FA・ポスティング改革

西武の裏金問題が球界を揺るがしています。
でも多くの野球ファンなら、「やっぱりな」と思ってる人が多いんじゃないでしょうか。そしておそらくは西武だけの問題じゃなくて氷山の一角が露見したにすぎないと。

「ファンなら信じてあげようよ」とか、「毎日足を棒にして頑張ってるスカウトに対して証拠もないのにそんなことをいうのは侮辱だ」という人も中にはいるようですが、制裁も罰則も明記されていないない「正直者がバカを見る」制度になっている以上、信じろというほうがムリというものでしょう。まぁ信じてあげたい気持ちもわかるんですけどね。それからスカウトうんぬんに関しては、これはスカウト個人個人のレベルの問題じゃないですから、その指摘はズレていると思います。

それにしても「口封じ」がばれちゃうとはこれはまた二重にやらかしちゃいましたね。学生を守ってやろうとする気遣いのつもりだったようですが、彼自身が嘘をつきとおすことに耐えられなかった。彼自身はある意味スポーツマンらしくていいじゃなかとも思えます。まぁそういうのはプロ向きの性格ではないのかもしれませんが、アマチュアでもできなくなると思うともったいない。
「守ってやる」気持ちもわからんではないですが、これだけコンプライアンスが叫ばれてる昨今、せめて不正がバレた時ぐらい正直に白状しないと、嘘を嘘で塗り固めると大変なことになっちゃうことに気づかなかったのかなぁ。


それにしてもですよ、こうなったのもNPBがノラリクラリやってるからですよ。04年にアレだけ大騒動したのにさっぱり進まない構造改革。この2年とちょっとの間での成果といえば交流戦の実現ぐらい。まず実行委員会だかオーナー会議だか知りませんが、そういうのは多数決でどんどん決めちゃうべきです。
ナベツネのとことかウチのとことかが議論の邪魔をしたら進まないような決め方(全会一致?)をするからいかんのです。ナベツネやその尻馬に乗っかってる誰かさんが吼えようが喚こうがほっときゃいいじゃない。ナベツネの大好きなどっかの政党みたいに強行採決しちゃえばいいんですよ。
現に去年までのプレーオプなんかウチが異議唱えてもさっさと決めちゃったでしょ。あれは多数決でこっちは全会一致だなんてダブルスタンダードはおかしいでしょ(理事会と実行委員会という話し合う場が若干違うとはいえ)。

週ベでこの間まで松坂に60億を払えるメジャーのからくりについての連載が載っていましたが、これを読んで思いました。新人獲得はどうやるにせよ中途半端な制度はいかんと。
ドラフト制度でやるなら徹底的に。完全ウェーバー、FA短縮、サラリーキャップ、贅沢税。これらが揃ってなきゃドラフトをやる意味がないと。さもなくば欧州サッカーのように完全自由競争(要するに札束攻勢は全然OK)でやるべきだと。日本的に間を取って希望枠とかやるからおかしくなる。
選手会も本気で構造改革を望むなら、自らサラリーキャップの提案をするぐらいのことをしないと。あるいは「サラリーキャップについて前向きに話し合う用意がある」と宣言するだけでも違ってくると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

開幕まであとわずかとなったにも拘わらず都心に「初雪」が降る今日この頃、いかがお過ごしでしょうか(笑)
雪とはいっても雨粒がなんとなくいつもより白っぽく見えて、「もしかして雪かな~?」と思う程度のものでした。都心に降る雪ってこういうのが多い気がします。「風華が舞う」という言葉がありますが、これが当てはまるようなふわふわと舞う雪は都心ではあまりみかけない気がします。ちょっと路面をぬらす程度の雪や、路面が殆ど濡れないような雪というのも少ない気がします。めったに雪自体降りませんが降るときには一気に積もることが多いような・・・。
結晶の大きな牡丹雪もなかなか見かけないですね。山口にいる頃は結構よく見かけたのですが。あれが降るのをじっとみつめてるとなんだかエレベーターに乗って昇っていっているような錯覚に陥りますw

明日はいよいよ神宮で初観戦ですが天気はなんとかよさそうですが寒そうですねぇ・・・。
なんだか春と冬の順番が逆になったかのようです。使い捨てカイロと、うまくもない急速燗つけのカップ酒を無理やりあおるのが欠かせない二日間になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画鋲?押しピン?

とある掲示板(某巨大掲示板ではなく)で、画鋲の話になりまして、そういえば画鋲って押しピンとも言うなーと思ったのでググってみました。
そしたらジャストシステムが面白い調査をやっていました。

http://www.justsystem.co.jp/atok/nihongo5/result-p2.html

自分の場合はどうかというと・・・

[1]相手に名前を書くように言うときに「ここにお名前を書かれてください」という言い方は自然な言い方ですか。
  1. 自然な言い方だ
  2. 少し不自然な言い方だ
  3. 非常に不自然な言い方だ

これは2でした。やっぱり「お書きください」かと。

[2] トランプを手に持ってよく混ぜることを何といいますか。一番多く使う普通の言い方を答えてください。

  1. きる 
  2. くる 
  3. シャッフルする 
  4. まぜる 
  5. その他


これは1~4全部言いますね。でも4はあまりないかな。1か2を使うことが多いですね。

[3] 学校で先生に指名されることを何といいますか。一番多く使う普通の言い方を答えてください。

  1. あてられる
  2. さされる
  3. かけられる
  4. その他

これは3はないです。1か2。頻度としては1が多いかな。

[4] カレンダーやポスターなどを壁に貼るときに使う、手で持つ部分の付いた小さな針を何といいますか。
  1. 画鋲(がびょう)と押しピンの両方とも言う
  2. 画鋲と言い、押しピンとは言わない
  3. 押しピンと言い、画鋲とは言わない
  4. その他

このサイトにたどり着くきっかけになった設問です。これは1です。

[4-1] (上の質問で1. と答えた人に)画鋲と押しピンは同じものですか、違うものですか。
  1. 同じものだ
  2. 違うものだ

これは1。
 「中部から東は違うものだとする回答が多くみられました。」というのには少々驚きました

[5] あなたの現住地近辺(同じ県内)の看板やチラシなどで、毎月料金を支払う駐車場のことを(「月極駐車場」や「月決め駐車場」ではなく)「月決駐車場」と書いてあるのを見たことがありますか。

  1. 見たことがある
  2. 見たことがない


これは一応2なのですが、ひょっとしたら1かもしれない・・・。「プッ。誤字書いてやがる」で済ませて、見たこと自体を忘れている可能性もあるので。

みなさんはどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホークスケータイ到着

昨日ついに待望のホークスケータイ(略してホーケうわなにするやめろくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」)が到着しました。
今までウィルコムのfeelEDGEを使ってたので、ケータイに移行するとやたら多機能で、いじくり回して遊んでるうちにバッテリーが切れてしまいました。今日も帰ったらもう少しいじくり回したあとに電話帳の登録と電話番号・メールアドレスの変更を出したいと思います。

ちょっといじくりまわしてみた印象としては、まず、電源をいれるといきなりホークスが攻撃中のメガホン叩いて応援している福岡ドーム内の音声が流れます。電源を切るときにも同様に別のドーム内の音声が流れます。本体をたたむときにも試合終了のドーム内の音声。
ケータイ公式サイトにはホーケ(ry専用のコンテンツもあってこっちも今後いろいろいじくっていきたいと思います。
それからモバイルsuicaもさっそく入会しました。でもPASMOにはまだつかえないみたいなので当面はカードのsuica/PASMOとの使い分けが必要になりそうです。
とにかくケータイ馴れしてない自分が使いこなすにはしばらく弄繰り回す時間が必要・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

帰ってきたMK砲

昨日の試合ほど満ち足りた試合は年間でも1つか2つしかないような、公式戦にとっておきたいような、そんな試合でした。


まずはなんといってもMK砲!

松中の技ありのすくい上げるようなホームラン。
このときの自分の心理状態は「よしよし、まっちゃん調子いいみたいだな」、とまあ普通の状態。
しかし、続けざまに小久保がホームラン!小久保独特のフォロースルー~フィニッシュのこの形!これこれ!これですよ!!
あの2003.11.3の事件以来どれほどこのシーンを待ちわびたことか。これこそがホークスのあるべき姿!
そう思うと思わず部屋の中で大声をあげてしまい、それと同時に目頭が熱くなってしまいました。


投げては和田が完璧な仕上がり。甲藤もいい。ノセられるように竹岡までもがノーヒット。気が付けばパーフェクトリレーまであと1アウトまで来てしまいました。最後は脇谷にボールを叩きつけられて高いバウンドでてんてんと外野に抜けていき、パーフェクトはなりませんでしたが、まぁ公式戦じゃないですから残念さも半分ぐらいといったところでしょうか。
今日の投手陣はあまりに完璧すぎてちょっと心配なぐらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »