« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

6/20 vs横浜戦観戦

昨日は7:20ごろ球場着。
途中根岸線の中で試合経過をチェックしてて0-1のビハインドは知っていました。

前日の失敗もあったんで、早く来る観戦仲間に席をとっておいてもらったので無事すんなり座ることが出来ました。
なかなか追いつけないなーと思っていると、寺原のワイルドピッチで同点。寺原ありがとうといっているうちに大村のタイムリーで勝ち越し。
ところがその裏にすぐホームラン打たれてまた同点。
柴原がタイムリーを打ってまたリードしたんだけれどもまたホームランで同点。
そんなことをしてたら勝利の女神も気が変わるようになってるもんですね・・・。
まさか下位打線にサヨナラホームラン打たれるとは。すぐ近くまでボールが飛んできたのですが、打ってからこっちまで飛んでくるのが随分長い時間に感じられました。来るな来るなって手で押し戻すゼスチャーしたのも覚えてますw 

でもまぁ悔しいには違いないのですが、19日よりは腹が立たなかったですね。一応試合になってたし、まぁこんなことは昔もよくあったし。東京ドームで3日連続サヨナラ負けなんてのも見たものです。
要するに打たれて負けるのはしょうがないけど、打たないで負けるのは憤懣やるかたないんですね。もともと点取りゲームですし。それも手も足も出ない、完敗です、っていうのならまだ納得もいくのですが19日のような試合は納得できるわけないもの。

暗黒はたまにはいいかもしれんけどけど(よかねぇけどさ)暗黒打線だけはやめてほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/19 vs横浜戦観戦

球場に着いたのが6:40頃。
その時既に0-1のビハインド。
スタンドはギッシリで座るところがない。今日は先行部隊もいないし・・・と思っていたら、スコアボード横に人数分の3席が空いていてそこに座ることに。
しかしこの欠陥球場はなにしろ狭い。足元に荷物を置くとビールや弁当を置くことすらままならない。その弁当も来るときに外で調達しないと到底腹を満たすようなくいもんにはありつけないし。
おまけにスコアボードについているスピーカーがうるさいの何のって! まともに会話すらできない。マリンのもうるさいけどまだスピーカーまでの距離があるんだけど、ここはすぐ横で鳴ってる感じ。もっと高い位置にスピーカーつければいいのに。

そんなこんなでウロウロしている間に金城に3ラン浴びたり、小久保が満塁でゲッツーしたり。4点ビハインドしちゃうと序盤だろうがなんだろうが今のホークスに追いつく力は残っていません。序盤にして敗色濃厚とは・・・トホホ。

まぁそれでもせめて追いつかない程度の反撃ぐらいは、と思って最後まで必死に応援するわけですよ。
でもねぇ、まったく覇気が感じられない。横浜ファンには申し訳ないけど、吉見ごときになにやってんだって話。途中から応援団も気合を入れろコールばっかりになっちゃいましたね。
もう1番から9番まで全部「働け」の歌でもいいんじゃないかとさえ思えてきました。とくにクリーンナップにはね。

とにかくこういうときだからこそ応援しなくては。がんばれがんばれだけじゃなく不甲斐ないときには叱咤や罵声も含めて、ね。

そんなわけで今日も行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貧打貧打 拙攻拙攻

打ってないわけじゃない、だけど「あと1本」が出ない。
チャンスは度々作ってるのに。
精神的脆さ? んでも犠牲フライぐらい打てよ。

去年のプレーオプの前あたりからずっとそうだけど、なんか選手が硬い。カチコチ。首脳陣のアタマも固そうだけどw呪縛霊に憑かれてみたいだよね。 ハムとかロッテの選手なんかニコニコしながら野球してるじゃん。ウチの選手は涙目ww それじゃあいつまでたっても畳み掛ける攻撃なんてできないよ。

そんなわけで明日からハマスタに気合入れに行って来ますわ。
なんか今年は観戦する前っていつも気合つけに行ってくるって言ってるような気がするが・・・。

しかしそれにしても昨日の1001の解説。

代打松中の大歓声に対して

「大歓声はどうでもいいんだけど」


1001死ね! 氏ねじゃなくて死ね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

5/31 vs読売戦観戦

昨日は2回の表の攻撃が終わるころに球場着。
で、いきなり多村の美技。いやいや、フェンスに激突しとるがな。タヌラァァァァ!!!    ・・・かと思いましたが、無事笑顔で定位置に戻ってくれました。よかったぁ。

そしたら今度は一番絞り直撃の2ランスペムラン!!!
田上の疑惑の2塁打なんかもあったりして、今日の打線はなんかイイ感じかも?
なんて思ってたら、田上今度は文句なしのソロムラン!3-0。

渚もいい感じで飛ばして今日は勝てそう、と思った矢先、6回から別人のように渚が不安定に。

で、あとはご存知の通り7回に矢野に満弾が出て逆転されてしまいました。でもまだ1点差。そこで踏ん張ればまだ粘れる・・・・はずだったのに次の回にもウナギイヌに他の球場なら入らない、いわゆるドームランってやつを打たれて3失点。オワタ・・・。ホントにフラフラと上がった打球なのに。

結局5月はホワイトの応援歌、1回しかできなかった。つまり関東での試合は1勝しかできなかったことになります。

試合が終わって外に出たら凄い雨。まるで今のチーム状態だ・・・。


(追記)
この記事をUPし終わったあと、他の鷹ブログを巡回してると、継投策に異を唱える論調が目立ちますね。
でも自分が現地でみていた感じでは、確かに少し早い感じはしたけれども、同時に渚は限界に近く見えました。なので、まぁそれもアリかな・・・という見方をしていました。結果はもちろんペケでしたけど。
むしろ王采配に異を唱えたいのは誤審に関してですね。抗議したって判定は変わらないかもしれないけど、やっぱり士気に影響すると思うし、どこかで納得したいじゃないですか。あれだけ抗議したけどダメだったかって。もしかしたらボブ・デービットソンみたいなアホ審判がいて、コロっと判定変えるかもしれないしw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »