« 2008年6月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

首こり

先週末から首のコリがひどい。
土日は家にいて気を紛らすこともないのでずっと気になって、耐えられないので鎮痛剤を飲んで凌いだが、もちろんそんなもの解決にはならない。

慢性的に常に凝ってはいるのだが、週末は特に酷かった。今も結構つらい状態。病院行ったほうがいいのかな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりイヤだ~

今日も手の震えと動悸が・・・心肺に負担がかかってる感じがするのがとてもイヤだ。体力も低下する感じがするし。テオロングとスピロペント、どちらの影響が強いのかわからないけど、飲みたくねぇ~~~~!!!!!!1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういうことはもっと早く決めろよ・・・

天皇即位20年の臨時祝日了承=自民

自民党内閣部会は22日、天皇陛下の即位の礼から二十年となる来年11月12日を祝うため、同日を臨時の祝日とする法案を了承した。民主、公明両党も近く党内手続きを済ませる予定で、議員立法で今国会に提出する方針。(時事ドットコム 2008/10/22-10:25)


カレンダーとか手帳とかもう印刷に入ってるだろうよ。もう間に合わないって。

即位20周年の日とかそういうのはずっと前から分かってることなんだからもっと早く決めなきゃダメだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中途半端にしつこい発作・・・

ここのところ、季節の変わり目だからか咳喘息の発作が出ている。
肋骨が折れそうとか、内臓が飛び出しそうなほどひどい咳ではないのだが、軽い空咳が止まらない。特に電車の中とか会議中とかは辛い。

通常空咳なのだが、昨日は1回咳をしたら大量に痰が出た。透明もしくは白いやつだ。その痰が出てからはしばらく落ち着いていたのだが、数時間で元に戻った。
吸入ステロイドはアドエア500を1日2吸入しているし、テオロング200とスピロペントを服用しているのだが、効果はあまり実感しない。テオロングとスピロペントは指がわずかに震えるし、息切れがしやすくなるので、体に負担がかかっている感じがして出来ることなら飲みたくない・・・。

それにしてもいつになったら治まるのだろうか・・・・。

冬になって空気が乾燥してくると、また発作がでるし、スギ花粉が飛び始めるとまたきつい発作が出てくるし、イヤな季節だ・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地上波はもういいや・・・

ココログニュース「2011年アナログ放送が終了したら…」

2011でアナログ放送が終わるけど、地上波はもういいかなって気もしてきた。最近の地上波はうるさいだけで大して面白くもないし、同じような番組ばっかりだから、わざわざカネかけてテレビ買い換えるほどのことはないような気もする。CS放送でスポーツの生中継や昔の面白かったコンテンツ見るだけで十分かな。
どうしても見たい番組があれば、そのときだけカーナビで地デジ見ればいいし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フェニックスリーグ観戦

10/18 9:30羽田発のANAで宮崎へ。石廊崎・潮岬・室戸岬を結ぶコースで西進したあと南下していくコースで11:10定刻どおり宮崎に到着。
空港から生目の杜へはタクシーが一番早いということでタクシーを飛ばす。大体3500円強かかりました。
試合が行われる第二球場に着くと、既にハムが練習してました。
それで周りを見渡してみたのだけど、飲食物を扱っている売店が見当たらない!!!!!!1
ホークスのキャンプの時には露天がたくさん出ていると聞いていたのでそのイメージで来たため食料調達などまったくせずに来てしまった!
グッズ売り場のテントが1件ぽつんとあるだけでした。

仕方ないので今日はお昼抜き!orz orz orz or2

観衆は仮設の座席(記念撮影の雛壇みたいなアルミ製のやつ)がちょっとあるだけなので立ち見を入れても100人ぐらい(鷹飛車発表ベース)。

序盤は若いのに消極的なバッティングが目立つ。バットを振らないうちに三振とか。
中盤以降は江川・山崎の連続アーチなどもあったて勝利したものの、シーズン終盤の1軍同様、パッとしない内容だった。ホームランも風の助けもあったようだし。

試合終了後さらに練習は続いていたのだが、なにしろ昼飯を抜いたので、早くホテルに行きたい・・・ということで、タクシーを拾って市街地へ。ホテルは繁華街の中にあったが、建物は古く、いまどきオートロックですらなかった。テレビは液晶HDで地デジも入るのだが、地デジは地元民放2局とNHK総合しか入らない・・・。これが噂に聞いた宮崎のテレビ事情。まぁ昔はウチの地元も似たようなもんだったが・・・。東国原知事がマニフェストに民放増設を掲げるだけのことはある。

で、とにかく宮崎に来たら地鶏っ子と決めていたので、地鶏焼を食わせる店を探す。本場のチキン南蛮も食べたいのだが、昨夜コンビニ弁当で食ってしまった・・・。もちろん本場のものとはぜんぜん違うとは思うが。

で、地鶏の炭火焼をオーダー。鉄板に熱く焼けた地鶏。柚子胡椒とカボスをかけていただく。うまい。ビールが進む。あとは串焼きのおまかせを頼んで終了。


メシ抜きが祟ってだいぶ疲れてしまった。テレビを見ながらいつの間にか眠りにつきました。

翌朝は6時に起床。いったんは4時に目覚めたのだがもう1回寝て、5時ごろにも1回目覚めた末でした。今日もフェニックス観戦だが、試合開始が12時半で、今日はアイビースタジアムでの試合なので座席にも余裕があるとみて、レンタカーを借りて国盗りの旅へ。どっちが国盗りしやすいか考えた末、延岡方面に向かってみることに。まずは西都を目指す。途中佐土原ゲット。西都市街に着く前に西都もゲット・・・したところで、間違えて東九州道に入ってしまう。現時点では宮崎県内の東九州道は西都が北端で、必然的に南へUターンしてしまうことに。日向と延岡は別の機会にするしかなくなった・・・。

仕方なくそのまま南進し、都城方面へ。途中、目の前をニホンザルの群れが横断していきました。高崎山以外で野生の猿を見たのは初めてかも。高速道路で見たのは当然初めてです。
途中、田野で国盗り。都城で高速を降りて、道の駅で国盗り。そこから引き返して日南方面へ。田野インターで降りて山の中を下っていくルート。北郷で日南が取れたので日南まで行かずにUターン。生目の杜へは11時過ぎに到着。

球場に入ってネット裏の前列3番目の席を確保。読売が練習中で目の前で大道がティーバッティング中だった。試合は読売はCS前の最終調整ということでほぼベストオーダー。かたやホークスは雁の巣メンバーということで、結果はやる前から目に見えていたが、いいとこ見せろという感じで見てました。
先発は高橋徹。初回こそ無失点で切り抜けたものの、2回に四球でランナーをためてタイムリーを打たれるというお決まりの自滅パターン。相手は巨大戦力のベストオーダーなんだから、格の差を考えたら打たれて当然という気持ちで開き直っていいゲームなのに、何をビビってるのか。

あとは福田の守備がまだザルであることがわかった。まぁバッティングスタイルも守備位置も同じ川﨑も昔はそうだったし、がんばれ。
甲藤はカットボールがさえた。前日の試合でも目の前で投球練習をしていたが、「次カットいきま~す」といいながら投げてたので「甲藤がカットかぁw」と一人で勝手に笑ってました。
小斉中西の一軍経験コンビはいいとこなしでした。

試合は3時半に終了。4:35のフライトに間に合わせるべく車を空港に飛ばす。返却予定時間の4時を5分オーバーし諸手続、送迎バスを待っていたら、保安検査がギリギリになってしまい、お土産をゆっくり選ぶ時間がなくなってしまいました。保安検査が終わって買い物しようと思ったら、売店がたいしたことなくて、失敗。その辺にあるものを3つわしづかみにして買いました・・・。

今回は時間があまりなかったので、秋季キャンプを見に来たときにゆっくり観光もしたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井口よ、日本に帰ってくるな!

 フィリーズの井口資仁内野手(33)が15日、成田着の日航機で帰国した。今オフにFA(フリーエージェント)選手として登録した際には、米大リーグだけではなく日本球界復帰も視野に入れていることを明言。メジャーを含めた井口争奪戦に発展しそうな気配だ。

 4年目のシーズンを終えて帰国した井口の目は、すでに来季へ向けられていた。成田空港の到着ロビー。ワールドシリーズ終了後に待つFA登録について注目発言が飛び出した。

 「本当に必要とされ、レギュラーとして出られるチームにいきたい。基本はメジャーですが(日本の球団から)ほしいといってもらえるのならば話を聞いてみたい」

 ワールドシリーズ終了後、15日間は所属するフ軍に優先交渉権があるが、折り合う可能性は低い。井口サイドがFA選手として登録し、フ軍が保有権を放棄して自由契約となった場合、大リーグ残留が基本線ながらも定位置を保証してくれるチームなら日本復帰も視野に入れていることを明言。三塁に挑戦する準備があるとも付け加えた。

 二塁だけでなく、遊撃、三塁も守れる「ユーティリティーな右の強打者」となれば、国内12球団すべてがのどから手が出るほどほしい存在だ。

 今季は6月に右鎖骨を痛めて故障者リスト(DL)入りしたこともあり、パドレスとフ軍合わせて85試合の出場にとどまった。打率.232、2本塁打、24打点と不本意な成績に終わったが、けがは順調に回復しており来季に向けて体の不安はない。11月中旬にも井口争奪戦の幕が開く。

(サンケイスポーツ - 10月16日)


まず第一に、(そんなことはありえないとは思うが)ホークス復帰に断固反対を表明する。

思い出してみてほしい。井口がMLBに行った経緯を。
中内アホボン・エロ高塚と結託して密約を交わし、ホークスと日本球界に後ろ足で砂をかけるようにして出て行ったではないか。あの当時の王さんの落胆ぶりといったら見ていられないのが記事からも伝わってきた。

同じMLBに挑戦した城島との違いもあまりにも大きい。城島は球団並びに監督に余りある仁義を切って飛び出していった。MLBに行ってからも毎年ホークスキャンプには必ず顔を見せ、王さんのところに挨拶に来ている。対する井口はまったく来ない。王さんが監督を退任する試合ですら来なかった。まぁああいう形で出て行ったから来づらいのかも知れないが、だからこそ一度勇気を振り絞って来るべきだったのに。

このような事からしても城島は快く送り出したし、帰ってきたいのなら快く受け入れる気持ちになりやすい(もちろんいまだ正捕手が定まらないというのもあるけど)。
対して井口は素直に応援できないし、帰ってきたいなんてとんでもないといいたいし、空いているポジションもない(#7は空きそうな気配だが・・・)。

まぁぶっちゃけて言えば

「いったいどの面下げてのこのこ帰ってくるつもりだよ!」

ってことです。

第二に、日本球界復帰そのものに反対します。
あれほど、日本の球界秩序に物議を醸して出て行ったのだからそれなりの覚悟があったはずだ。それをちょっとMLBでダメだったからといって安易に帰ってこようとしているその心根が気に入らない。野茂を見習って朽ち果てるまでアメリカで野球をしてろよ。
「それなりの覚悟」なんてなかった、というのであれば逆に日本球界は断固として井口を拒むべきだ。それぐらいのことを井口はしたのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チャンスは目の前に山ほど転がってるのに

得点できない岡田ジャパン。
それなんてホークス?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業

丸12年間やってきた労働組合の役員を退任した。
もともと、退職する役員が出たので急遽セットアッパーのつもりで役員になったのだが、さっさと次につなぐつもりでいたのが、いつの間にか書記長までやる羽目になって、書記長時代には、リストラや賃金制度の抜本的な改定、会社の統合など難問をかかえることになってしまった。その時代はずっとバブル後の不況の時代だったので、いい思いをしたことは一度もなかった。いかに雇用を守るか、いかに賃金を維持するかに追われた時期だった。
書記長をやめてからはずっと財政担当だった。ウチの労組には専従がいないので、会計事務は仕事の合間か土日を使ってやるしかなく、結局は年度末にやっつけ仕事でやる状態が続いた。

企業内組合なので、まず会社あってのはじめての組合でしかなく、労使協調を基本線に据えてきたが、一部組合員は対決姿勢を求める者もいて、温度差を感じた。人数的にはごく一部なのだが、そういった人たちは声が大きいし、感情的、情緒的な議論が先行しがちなのでそちらに引っ張られることもあった。

一方で会社側はより一層ロジカルな議論を追求するようになってきて、定数的な議論しないと議論の俎上にすら上らないこともあって、その狭間で随分苦労した。

役員になったときが27歳。もうすぐ39歳。10年前に基礎を叩き込まれた頭はもう古い。もともと保守的な性向もあって、だんだん後から入ってきた役員とも温度差が出てきたし、もう潮時だった。
もとよりすぐやめるつもりでいたのが、後継者がいなくてズルズルとここまできてしまっただけである。

これからは組合の忙しい時期に出来なかったキャンプ見学や秋の連休も楽しみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップバッターは山田秋親でした

ホークスの今季の戦力外第一号は、任意引退表明をした的山を除けば、山田が第1号になりました。
www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20081012-418324.html

YYコンビと騒がれた両人も結局は怪我に泣かされ、まずは山田。山村ももしかするとお呼びがかかるかもしれんなぁ。
山田はファンから「チキン」と呼ばれていたように、プロの投手としてはハートが弱すぎました。そのうちにケガもして。
田中総司の分も含めてだいぶ大金つぎ込んだのですが、高い買い物になりました。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年上好き

35を過ぎたあたりから年上のほうがイイかな?と思うようになってきました。
それまでは断然年下!と思ってたのですが急に年上の魅力に目覚めました(笑)。

頼るとか頼らないとかいうのよりも、話をするのがラクです。年上なら自分の通ってきた道はたいてい通ってきてるから1から話さなくて済みますしね。特に昔の話は(笑)

自分がいろいろ考えてることも全部見透かされてる感じがしますが、それがまたいい。何か困ればお互いにアドバイスしあえるかも知れないし。年下だと常にこっちが与えてやらなきゃっていうプレッシャーがつきまといますし。でも相手から見るとこっちは年下だからそういうプレッシャーを与えることになっちゃうのかな・・・。
けど、そこは男としての矜持ってモンもあるし、逆の場合とはまったくの裏返しにはならないと思うけど・・・。

(この記事は年上好き男子に聞く! 彼女が年上のメリットって?の感想です)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

携帯電話メーカーはなぜキー操作音をOFFで出荷しないのか

電車の中ではマナーモード。これもう常識ですが・・・。
いまだに多いのが中高年男性に多いキー操作音ピコピコ。これがかなり鬱陶しい。呼び出し音がNGだったらキー操作音だってNGですよ。

そもそもキー操作音が出荷時デフォルトでONになっているのがおかしい。キー操作音なんてなくても困らないものなのに。大体電車内でピコピコ言わせてる人はキー操作音の解除の仕方を知らないのだと思うし、最低でもマナーモードにしたらキー操作音も消えるようにしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の観戦


今年は遠征にもハマって、公式戦だけで42試合観戦しました。ほとんどがビジターなんですけどね。
なんていうか、ビジターの方が楽しい。超アウェイだともっと楽しい。というか応援が俄然燃えます。自分の声が「戦力」になっているという実感も沸くし、少数精鋭だから連帯感も強まる。
特に函館なんて地元民はほぼゼロだから、外野スタンドに集まった連中はいい意味で全員「バカ」ばっかり。

その意味で昨日仙台に集まった100人ほど(内野席含む)のホークファンもある意味「バカ」です。
消化試合、雨予報、寒さ、日曜日なのにナイター…と悪条件が重なっているにもかかわらず方々から遠征してきているファンなのであります。

いつもは関門前になるとRゲートには楽天ファンも混じって50メートルぐらいの列になるのですが、昨日は最後尾でも余裕で座れる、それどころか、寝転がって見れるぐらいの古きよきパ・リーグな光景でした。結局開門直後でライトスタンドのホークスファンは30人ぐらいだったでしょうか。最大時でも70人ぐだいだったと思います。

昨日は日帰り遠征で、新幹線の東京行き最終が21:40だったので、試合が早く終わって、なおかつ勝って二次会もやった上でそれでもなお余裕で間に合う展開を希望したわけですが、中盤までは望みどおりいいペースで進みました。が、中盤から守備の乱れもあってグダグダになってしまいました。
山崎武司に対しては、まっは氏のブログの表現を借りれば、熱湯コマーシャルのダチョウ倶楽部みたいなもんで、相性悪いんだから一発だけはよせよ、気をつけろよとみんなが思ってるのにドカーン!しかも2発も。

まぁ負けるのはいいんです。いまさら5位も6位も一緒だから。しかしそれにしても進歩のない負け方。進歩がないから負けるんだろうけど^^; 逆転できそうなムードなんてこれっぽっちもないし。

とにかく監督も変わることだし、思い切ってコーチも選手も人心一新してゼロからやり直してほしいですね。

これで今年の観戦は終了。42試合見て20勝22敗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清原引退・・・

清原が引退しましたね。
ずっと試合から見てましたが、杉内は全部直球勝負してました。別に直球にこだわることはないと思うものの、今の清原なら全部直球でも軽く抑えられると思ってもみたり。
しかし、結局第3打席で二塁打を打たれて中押しされてしまいました。あれは痛かった。つーか中西もガチで追わなかったよな・・・。 ヒットにさせてやるのはいいけど、抜かれるのはまずいだろ。シングルで止めとけよ。

そして引退セレモニー。
選手会長北川から花束贈呈。 続いて金本から・・・え?金本?? かなり違和感があったが、まぁいいか。
続いてスペシャルゲスト・・・ついにアレか。ってか監督との絡みはないのかよ。桑田は?

んで、スペシャルゲスト長渕剛の”熱唱ライブ”スタート。

長げぇんだよ糞が!


ずっとしんみりムードで、清原の表情も西武にいた頃の表情に戻っていていいセレモニーだったのに、長渕のせいですべてが台無し、ぶち壊し。熱唱という名の爆笑ライブになってしまった。 ずっと立たされてる清原は罰ゲームの様相だし、あれほど流れてた涙もあきれたのか枯れてしまってたし、苦笑いをこらえているようななんとも微妙な表情になってた。
清原本人のたっての願いとはいえ、フルコーラスで熱唱するバカがいるかよ。1フレーズだけを空気読んでしんみり歌えばいいんだよ。百歩譲って長くやっても1コーラスだけな。
おまけに客にマイク向けて歌わせるとか・・・てめぇのライブじゃねぇんだぞ。

ホントにこんなに空気読めないバカだったとはな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年11月 »