パソコン・インターネット

Niftyの迷惑メールフィルタについて

3ヶ月前にNiftyの会員をメンバーズから@niftyに変えたのを機にNiftyの迷惑メールフィルタを自分のアカウントにも導入したが、英文のスパムが引っかかるだけで、日本語のスパムは完全にスルーだった。
ほぼ毎日のように迷惑メールを学習させていったが、良く出る単語は英文ばかりだし、学習度も1500~1600ポイント台をさまよっていた。
仕方がないので、フィルタ機能でyahoo.co.jpをゴミ箱にいくようにしてみたら、スパムが激減した。といってもゴミ箱の中にわんさかとたまっているだけだ。
そこで2ちゃんねるのNifty板にある同趣旨のスレッドを見てみると同じような悩みを抱えている同士がやはり多いことが分かった。(ちなみに>>60は俺ですw)

そこに報告されているもので、ちょっと興味がある書き込みに、「連打戦法」があるので紹介したい。
通常、迷惑メールが来ると、ウェブメールのチェックボックスをオンにして、迷惑メールボタンを押して、さらに「ゴミ箱に移動する」チェックボックスをオンにして、OKを押すとスパムメールがゴミ箱に移動してそれで終了、あとはシステムが学習してくれるのをひたすら待つというのがほとんどであろう。
だが、「連打戦法」はゴミ箱に移動したら、「ごみ箱」フォルダを表示させ、再度チェックボックスにチェックを入れてひたすら学習させていく、というものである。報告によれば5回程度でいいらしい。

そこで自分も10回ぐらいやってみると、いままで英単語しかなかった「良く出る単語」にはじめて日本語が入り、また、日本語のスパムが迷惑メールフォルダに入っていた。学習度も2000ポイントを越えた。

日本語がフィルタされないと悩んでる人、この戦法結構いけるかもしれないです。一度試してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)