心と体

体質変わった????

30年来の花粉症持ちです。

この時期、小学生の頃からひどい鼻づまりに悩まされてきました。
最初の頃はまだ花粉症という俗称すらなくて、「スギ花粉を原因とするアレルギー性鼻炎」と診断されました。

この頃はまだいい薬がなくて、週1回注射を打ちに行ってました。いわゆる減感作療法ってやつ。

でも家の近くには耳鼻科がなくて、電車で15分ぐらい・・・・といっても当時は1時間に1本しかなく(今でも30分に1本ですが・・・)、小学生が病院に行くということは大変ハードルが高い仕事でした。そうでなくても当時からすでにこの時期は耳鼻科が混んでて、病院に行く=1日仕事という感じでしたし。

そんな感じなので中学生になると忙しくもなって病院通いはやめてしまいました。ただひたすら市販の点鼻薬で苦しさを凌いでました。
しかしそれも3~4年目ぐらいになると、シーズンの初めはまだいいとしても3月下旬ぐらいになるとだんだん効いてる時間が短くなり、最後は全く効かない状態になり、こうなると、点鼻薬を使わなかったときより鼻づまりが酷くなって、眠れない、何事にも集中できない、夜は苦しさでのた打ち回るありさまでした。

それで、できるだけ点鼻薬は使わない、苦しくてガマンできないときだけ、と決めるのですが、いざ使い始めると効き目が切れたときはすべて「ガマンできない」ぐらい苦しくなってしまい、結局は連用してしまうことの繰り返しでした。

実はこの時期にはもういい薬が出来てたようなのですが、何しろ最初の経験があるので、「病院に行っても無駄」という頭しかなかったですね。

そんな状態で月日はめぐり、2001年ごろにとうとうガマンできなくなって病院に行ってみました。
処方してもらった薬でケロっとよくなって・・・。 ただし副作用で眠気が強くなりますが。
次の年からは予防的にシーズン前から飲むようにして症状がひどくならないようにしてました。

さらに様子が変わったのが2006年ごろ。
たまたま年末から咳喘息の薬を飲んでたおかげか、全く症状が出なくて快適なシーズンを過ごしました。そのときはその薬のおかげかと思ってましたが、その後もなかなか症状が出ない年が続いてます。
どうしても予防的に症状が出る前に薬を飲んでるので、ホントのところが分からないですが・・・。

もしかして急に体質変わったのか・・・とも思ってるのですが、そんなことがあるのでしょうか???
とりあえず今年は、症状が出るまで薬を飲むのをやめてみようと思います。
これで出なければマジで体質変わったことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首こり

先週末から首のコリがひどい。
土日は家にいて気を紛らすこともないのでずっと気になって、耐えられないので鎮痛剤を飲んで凌いだが、もちろんそんなもの解決にはならない。

慢性的に常に凝ってはいるのだが、週末は特に酷かった。今も結構つらい状態。病院行ったほうがいいのかな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりイヤだ~

今日も手の震えと動悸が・・・心肺に負担がかかってる感じがするのがとてもイヤだ。体力も低下する感じがするし。テオロングとスピロペント、どちらの影響が強いのかわからないけど、飲みたくねぇ~~~~!!!!!!1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中途半端にしつこい発作・・・

ここのところ、季節の変わり目だからか咳喘息の発作が出ている。
肋骨が折れそうとか、内臓が飛び出しそうなほどひどい咳ではないのだが、軽い空咳が止まらない。特に電車の中とか会議中とかは辛い。

通常空咳なのだが、昨日は1回咳をしたら大量に痰が出た。透明もしくは白いやつだ。その痰が出てからはしばらく落ち着いていたのだが、数時間で元に戻った。
吸入ステロイドはアドエア500を1日2吸入しているし、テオロング200とスピロペントを服用しているのだが、効果はあまり実感しない。テオロングとスピロペントは指がわずかに震えるし、息切れがしやすくなるので、体に負担がかかっている感じがして出来ることなら飲みたくない・・・。

それにしてもいつになったら治まるのだろうか・・・・。

冬になって空気が乾燥してくると、また発作がでるし、スギ花粉が飛び始めるとまたきつい発作が出てくるし、イヤな季節だ・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

今年は暖冬の影響で、関東では1月末から飛散が始まっており、すでにこのごろは晴れた日には「多い」や「やや多い」になっています。
ところが自分の場合、いまだに発症してません。
花粉症とのつきあいはすでに花粉症になっているとわかった時から25年を超えてますが、飛散量が増えた時期になっても発症しないのは初めてです。


発症の合図といえばまず「鼻血」。鼻粘膜が弱くなるうえに、痒くなるのでついつい鼻の頭を手で動かしてしまいその際に出血してしまいます。この鼻血の合図もまだないし、鼻粘膜かゆかゆもまだないですね。
この「合図」の後は花粉が大量に飛んでる日は、もう風の感じが鼻がムズムズヒクヒクして「今日は飛んでるな」っていうのが感覚でわかるのですが、これもまだない。目の結膜の痒みもありません。

もちろんシーズンインのちょっと前から朝夕の食後に「ザジデン」という抗ヒスタミン剤を服用して、発症しても軽くなるように予防してるのですが、それにしても発症しないということは今までありませんでした。
12月に咳喘息と診断されてから「シングレア」というアレルギー性の喘息に効く薬を寝る前に服用してるのですが、この薬はアレルギー性鼻炎にも補助的に使うことができるそうで、もしかしたら「ザジデン」と「シングレア」のダブル効果なんじゃなかろうかという素人考えをしてみたりしてます。どちらも眠くなる薬なので朝起きるのが辛い。。。
実はそうではなくて体質が変わり始めてるのなら嬉しいのですが、ただ単に発症が遅れてるだけなら最悪です。
本格的シーズンはこれからですからいずれわかるでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

禁煙生活1ヶ月

昨年暮れに咳喘息と診断されてからタバコをやめました。ちょうど1ヶ月ぐらいになります。
元々そんなにヘビースモーカーではなかったので、そんな程度だったらやめちまいなよといろんな人に言われていたのですが、食後や飲酒時、根詰めて仕事したときのちょっと一息って時にはやっぱり吸いたくなるのでやめなかったのですが、診断された病名が病名だったのでスッパリやめました。

ちょうどやめて1週間で正月が来て美味しいものを食べる機会が増えたときは禁断症状も出てきて辛かったですね。でもゴホゴホ辛いのと天秤にかければすわない事を選択できて最初のヤマを超えました。

1ヶ月が経って今が第2のヤマなのでしょうか。昨日とうとう誘惑に負けて吸ってしまう・・・という夢を見ました。夢でよかった・・・。どこまで乗り切ればもうタバコ見ても吸いたいと思わなくなるんでしょうね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

成人喘息?!その後

あまりに咳が止まらず、全身で咳き込む状態になったので病院へ行ったことを先日書きましたが、「喘息の気がある」として処方された薬があまり効かず、内臓が飛び出てくるんじゃないかと思うほど激しいものだったため、再び病院に行きました。そこで「咳喘息」と診断され、薬の量や種類を変えて様子を見ることになりました。
それから既に3日経ちますが、確かに咳の頻度は減りましたし、全身でするような重たい咳はほとんどなくなりましたが、まだ相変わらず軽い咳がコンコン出ます。
明日には薬が切れますし、年末年始をやりすごさなければならないのでまた医者にいってきます。

これをきっかけにタバコはやめました。喘息持ちが喫煙では自殺行為ですからね。もちろん今はとても吸えるような状態ではないのですが・・・。発作が落ち着いた段階でどこまで継続できるかわかりませんが、「自殺行為」ということを念頭におけば続けられるんじゃないかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人喘息?!

また今年も風邪をひいてしまった・・・。
ついついエアコンの暖房をつけたまま寝てしまって、翌朝目覚めたら喉がカピカピになっててなおかつイガイガヒリヒリ・・・。それが2週間ほど前。
一旦風邪をひいて喉をやられるとだんだん炎症部が気道の奥に移動していって全身を使って咳をしないとつらくなってくる。そんな状態が2~3ヶ月以上続く・・・。というのがいつものパターン。
今回もそろそろ喉から気道の方に移りはじめた。

先日なにげにテレビを見ていたら、風邪をひいて1ヶ月以上咳が続くようなら成人喘息の疑いがあると言っていたのが気になった。そういえば昨シーズン風邪をひいてあまりに咳がひどいので、医者にかかったときに、「花粉症の人が風邪をひくと喘息に似た症状がでることがある」といわれたっけ。

そんなこんなでいろいろ気になったのでググってみると、「咳喘息」と呼ばれる咳の症状だけが出る喘息があるらしいことがわかった。そして、成人喘息、咳喘息は風邪をきっかけに発作が起きることがあるらしいこともわかった。咳の種類が乾いていることも該当している。

咳喘息と成人喘息の包含関係がよくわからないが、かなり思い当たるところがある。今度医者で聞いてみようかな・・・。

それにしても、咳のし過ぎで腹筋が痛い・・・。


12/19追記
あまりにも咳き込んで回りに迷惑がかかるので医者に行って来ました。
やはり「ちょっと喘息の気があるかも」と言われてしまいました。
気管拡張剤、消炎剤を処方してもらい5日ほど様子を見ることになりました。
去年同じような薬をもらったので多分効いてくると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

背中が痛い・・・・・。

元来、肩こり持ち、腰痛持ちの自分。なのでスーパー銭湯などに行った際はマッサージなどよく受ける。
しかし、それはそのときだけ気持ちのいいもので凝りが治るわけではない。

そうこうしているうちに、半年ほど前に背中の筋を違えてしまって、起き上がるときに首を支えてやらないと痛くて仕方がない状態になった。ちょうど首を寝違えた時の痛みに似ていた。それは放って置くと自然に消えたのだが、1ヶ月ぐらい前から再び背中の筋が痛くなった。ちょうど両肩の肩甲骨の間の筋が通っているところだ。肩こりが酷くなったような痛みでもあるし、筋を違えたような痛みでもある。なんにせよ普通の肩こりの痛みとは違う。常に痛いわけではなく、なんともないときは何処が痛かったか判らなくなるぐらいだ。しかし痛いときにはいちいち「イタタタタ・・・・」という感じで日常がままならない感じになる。しかも再現性が掴めない。こういう姿勢にすると必ず痛くなる、とか、ここを押せば痛くなるというのがない。指圧のように押してみても普通にマッサージの気持ちよさはあるが、痛いのはさらにその奥、という感じなのだ。

これは放っては置けないと思ったので先週整形外科に行ってみた。問診のあとレントゲン撮影。
先生いわく、(正面あるいは背後から見て)背骨が曲がっているのが原因であるらしい。確かに説明を聞くと写真の背骨は微妙に曲がっている。もっとも最初に「背骨が曲がっている」と聞いた時には猫背で姿勢が悪いといわれているのかと思って、「またそれか」と思った・・・。

で、器械を使って背骨を物理的に伸ばす治療となった。約10分間、体を伸ばしたり緩めたり。わきの下の筋肉を圧迫する形になるのでそれがまた心地よかったりする。
その後、電気によるマッサージ。あまり効かなかった・・・かも。
とりあえずこの日は鎮痛剤と筋肉の緊張を緩和する薬を処方してもらい終了。週3回は来るようにとのことだが、そんなに行けないよ・・・。それにいつまで続ければいいのか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)